活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2月25日に西原ふれあい第三公園の手入れを行いました。2月25日の公園の様子をお伝えします。
先ずは、公園の入り口の様子です。まだあまり植物が芽生えていないスッキリした感じです。

a20170225-1.jpg

アセビは、春早く目が覚めて花を咲かせています。

a20170225-2.jpg

3月下旬から4月にかけて、ここからの眺めは、一変します。
まだ、枝だけしか見れないですね。

a20170225-3.jpg

いつもの掃除の時の道具です。

a20170225-4.jpg

ハナニラもぽつんと咲いていますが、もうすぐいっぱい咲きますね。

a20170225-5.jpg

ミツマタですが、この道のところに咲いています。
左にも植わって咲いていましたが、枯れてしまいました。
ミツマタは、枝の元の方で刈り込んでしまうと枯れ枝になってしまうことが多く、刈り込みが難しいですね。
我が家でも、かなり注意して刈り込んでいます。
少し、道の方に張り出してきましたが、花が終わるまで、刈り込めません。

a20170225-6.jpg

梅の花がきれいです。
もう、この花の中で、鳥が飛び交っています。

a20170225-7.jpg a20170225-8.jpg

よく見るとメジロです。
花札で、梅にウグイスということで書かれている鳥によく似ていますね。
花札の鳥も、メジロですよね。
目の周りが白いんです。

a20170225-9.jpg a20170225-10.jpg

この鳥はどうかな?

a20170225-11.jpg

(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とてもいい天気でした。セグロカモメが高橋の街灯の上に止まっていました。
ここの街灯だけではなく、街灯の上が好きなようです。

a20170219-1.jpg a20170219-2.jpg

ヒドリガモやコガモなどの渡り鳥が沢山来ています。見た目でもいつもより多いいように感じます。

a20170219-3.jpg a20170219-4.jpg

ハクセキレイと目が合っちゃいました。

a20170219-5.jpg

カイツブリもいました。

a20170219-6.jpg

このカワセミは、水谷田んぼで見つけたものです。
最近は、良く見つけます。

a20170219-7.jpg

青空に飛行機雲がありました。
久しぶりによく見るときれいですね。

a20170219-8.jpg

田んぼで、面白い光景を見つけました。
耕運機で田んぼの手入れをしていると、かき回された田んぼの土から出てくる餌を狙って沢山のムクドリが集まってきました。耕運機の後ろをついて歩いています。
a20170219-9.jpg a20170219-10.jpg

耕運機が、向きを変えました。

a20170219-11.jpg

すると、ムクドリも飛び上がって、また耕運機の後ろについてます。
後ろからついて歩いている姿がとてもほのぼのした感じで、面白かったです。
かわいいですね。

a20170219-12.jpg

(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この日は、志木ロータリークラブによる斜面林の手入れのサポートです。
正確な人数は、こちらでは把握していませんが40人近くの人で手入れを行いました。
手入れの様子は、写真を撮るのを忘れていましたので、お伝えできません。

この写真のところは、あずま屋から敷島神社の方に上る階段です。この脇を見てください。
丸坊主です。結果的に斜面林に入り込む道となってしまいました。
ここには、たくさんのシャガや野草が生えていました。これらのシャガを抜き取って、別のものを植えたのです。
冬には何も生えていない状態になってしまいました。全くけしからんと思います。
以前、道を散歩している人にも言われました。手入れしている格好の私たちを見つけて、何であんな風にしてしまったのかと怒っていました。自然を楽しみにしている人からすると、本当に腹立たしい限りですね。

a20170215-1.jpg

後の写真と見比べていただければと思います。この辺りのうっそうとしていた余分なササは刈り取ったり詰めたりしました。
また、直ぐ伸びてきますが。

a20170215-2.jpg

池の様子です。

a20170215-3.jpg

ここにコミュニティ協議会では、スイセンを植えました。
春に向けて、花で飾ろうということです。
ここに、花を植えたり手を加えることに、いろいろな意見があると思います。
今回、この作業をきっかけに、この河川敷にオオブタクサが生い茂っているのを何とかしようという意識が生まれました。
みんなで抜こうかといった話も出ています。賛成ですね。多面的に考えていくことで、良くなっていく面もあるんでしょうね。
私も、みんなでやればできるといって後押ししています。市民が力を合わせてやっていくことがいいことだと思います。新しい活動に結び付くようにしていきたいと思っています。かたっ苦しい事ばかりでは、理解者もついていけないですからね。

a20170215-4.jpg a20170215-5.jpg

右岸の河川敷の様子です。

a20170215-6.jpg a20170215-7.jpg

みんなで刈り取ったものです。
大勢だと、早いですね。

a20170215-8.jpg

最初の写真と比べてみてください。

a20170215-9.jpg

(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんばんは、ハードな日程をこなし、やっとブログを書くことができます。
暫く書かない間も、毎日のようにアクセスして見ていただきありがとうございます。

2月12日に行った西原ふれあい第三公園の手入れの様子をお伝えします。
青空が広がるとてもいい天気です。

a20170212-1.jpg

中程の広場にある梅の木が満開でいい香りがしています。
この梅が咲くときには、シジュウカラやメジロ等の鳥が代る代る花の蜜を吸いに来ます。

a20170212-2.jpg a20170212-3.jpg

公園入口に吹き溜まりの様に溜まっている落ち葉をきれいに掻き出して掃除をしました。

a20170212-4.jpg

この入り口から入って、中央の遊歩道を超えて、少し下ったところに、斜面を通して歩ける遊歩道があります。
この遊歩道は、時間をかけて斜面となっているところを歩きやすく整備してきたところです。
この日も、竹を切り、斜面の下り側に土留めを作り簡単な柵とすることで、遊歩道としてしっかりしたものにしていこうというものです。人数が多い時には、こういう作業もできます。

a20170212-5.jpg a20170212-6.jpg

a20170212-7.jpg a20170212-8.jpg

大分、道らしく整備できました。続きは、また今度です。

a20170212-8.jpg a20170212-9.jpg

落ち葉の始末については、普段とりあえず、道に落ちているものを、植え込みの中に吐き出しています。これをそのままにしておくと、斜面の中は、落ち葉の厚い層になってしまい、野草も生えなくなってしまいます。
そろそろ、春の準備です。
林の植え込みの中にため込んでいた落ち葉を掻きだし、落ち葉を貯めておく場所に移します。

a20170212-10.jpg a20170212-11.jpg

ため込んでいた落ち葉を掻きだしてみると、大変な量になっています。
この辺りの処理を上手にやっていくと、森は、いろいろな生き物の住みかになっていくと思います。
横に積んだ竹の隙間も生き物の住まいになるのです。
この片づけた落ち葉も、何かの生き物に役立ってくれるといいですね。

a20170212-12.jpg a20170212-13.jpg


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2月5日の冬の野鳥観察会です。
大勢の参加者がありました。集合場所は、柳瀬川駅前のサミット前円形広場です。

a20170205-1.jpg

直ぐ近くの柳瀬川の土手からが、野鳥の観察です。
参加者の中には、それなりに詳しい人もいれば、ほとんど名前が分からない人もいます。

a20170205-2.jpg

すぐ前にいたのはコサギでした。
市内では、よく見る鳥で、1年中見ることができます。
この鳥が最初に見れたのは、良かったと思います。

a20170205-3.jpg

これは、ツグミですが、後姿になってしまいました。
この時期は、よく見ることができます。
歩く格好でも、よくわかります。

a20170205-4.jpg

これは、ムクドリです。
夕方になると、志木駅前の電線や木に集まってきて、うるさく鳴いている鳥ですね。
わざわざ、冬の野鳥観察のブログで取り上げるような鳥ではありませんが、載せておきます。

a20170205-5.jpg

カルガモで、このカモも、冬の観察で取り上げる鳥でもありませんね。
志木市には、1年中いますし、繁殖しています。

a20170205-6.jpg

コチドリです。
かわいいですね。
目の周りのリングが目立ちます。

a20170205-7.jpg
柳瀬川の冬に見る代表的なカモです。
ヒドリガモです。

a20170205-8.jpg

このカモも、冬の代表的なカモです。
コガモです。黄色いパンツが似合いますね。

a20170205-9.jpg

こうゆう砂利の河川敷にいる代表的な2種類の鳥ですね。
前を歩いているのが、イソシギで、後ろがイカルチドリですね。
急いで歩いていますね。

a20170205-10.jpg

ここにもいました。
ヒドリガモです。
数十羽も河川敷で休んでいることもあります。
河川敷の草もよく食べています。

a20170205-11.jpg

富士見橋を渡り、柳瀬川の左岸に出て観察していきます。
対岸にキセキレイがいました。

a20170205-13.jpg

天田代表が、柳瀬川について説明をしました。

a20170205-12.jpg

対岸には、キセキレイやハクセキレイがいて、みんなで観察しています。

a20170205-14.jpg

コガモです。

a20170205-15.jpg

イソシギもよくこんな感じで、セキレイたちと同じように、よく見かけます。

a20170205-16.jpg

カルガモの様に見えますが、この鳥は、マガモのメスです。
この鳥は、この時期に飛んできます。

a20170205-17.jpg

オスも草の陰から出てきました。

a20170205-18.jpg

この鳥も、柳瀬川の冬では、代表的なカモです。
マガモよりは、少ないですが、スマートできれいな鳥ですね。
オナガガモです。

a20170205-19.jpg

カワウです。
最近、カワウが多く、川の魚も減ってきているような気がします。
鳥たちの餌も減ってきてしまいます。

a20170205-20.jpg

またコガモがいました。
今年も沢山来ています。

a20170205-21.jpg

この日は、キセキレイがよく見れました。
きれいですね。今回の観察会に合わせて、出てきてくれたのではないかな~!

a20170205-22.jpg

ダイサギがいました。
対面には、これ以外にもコサギも止まっていました。
いつもここに、4~5羽のシラサギがいます。

a20170205-23.jpg

ここにも、マガモのペアがいました。
今度は、オスの写真がよく撮れました。

a20170205-24.jpg

これもイカルチドリですね。

a20170205-25.jpg

こんなところに、カイツブリがいました。
小さい鳥で、水の中に潜り、よく泳ぎます。
どこに巣があるのかわかりませんが、この柳瀬川に棲んでいます。

a20170205-26.jpg

最後に、みんなで、見た鳥を確認して解散しました。

a20170205-27.jpg

(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1月15日 寒波が居座り、各地で記録的な大雪となっていました。
とにかく寒い柳瀬川ウォッチングの開始です。
今日は、いい写真も撮れましたので、紹介していきたいと思います。
いつもの志木中前から見ると、対岸のアオサギが、まず目に入りました。

a20170115-1.jpg

コガモです。沢山泳いでいました。

a20170115-2.jpg

ヒドリガモも沢山います。

a20170115-3.jpg

よく見ると、オナガガモもいました。

a20170115-4.jpg

手前の河川敷を見ると、タヒバリがいました。
最近、この辺の右岸でよく見ます。

a20170115-5.jpg

ハクセキレイも撮っておきましょう。

a20170115-6.jpg a20170115-7.jpg

ツグミも今日は、どことなく寒そうです。
体を丸めているように見えますね。

a20170115-8.jpg

高橋からいつものように上流の写真を撮っておきます。
実は、毎回同じところから、写真を撮っているんです。

a20170115-9.jpg

下を泳いでいるコイです。
この辺りには、コイがよく泳いでいます。
本当は、横から見たところの写真を撮りたいんですが、無理ですね。

a20170115-10.jpg

水谷田んぼです。
田んぼも凍っていました。

a20170115-11.jpg a20170115-12.jpg

今日の富士山は、かなり荒れているようです。

a20170115-13.jpg

左岸の土手から水谷田んぼのところに下りて、最初に見つけたのが、モズです。

a20170115-14.jpg

田んぼの中の水路に、カワセミがいました。
水路の左へ右へと位置を変えて、獲物が来るのを待っていました。
残念ながら何も見つけられず、更に川下に飛んでいきました。

a20170115-15.jpg a20170115-16.jpg

田んぼの中で、大群のスズメが、地面に降りたり、空に舞い上がったりを繰り返していました。

a20170115-17.jpg a20170115-18.jpg

前回見たところと、同じところにホオアカがいました。

a20170115-20.jpg

富士見橋から、右岸に戻り、志木中学校前に戻る途中、対岸の日当たりの河川敷に、ヒドリガモの集団が、一生懸命草を食べていました。

a20170115-21.jpg

今日も、いろいろと収穫がありました。(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松の内も終わり、我が家の松飾も片づけました。
今年も、初日の出は、荒川で見ました。富士山の写真も撮ってきました。近くで、良く見える場所を探して撮ってきました。

8日の朝、家を出るときに、気温を見たら、なんと1℃でした。寒いですね。
ガンカモ調査の日です。
志木大橋から、栄橋の先の新河岸川合流点まで、数を数えていきます。
志木大橋から上流側を見ると、滅多に見ることができないタシギがいました。
こうして、柳瀬川に来ているところも、久しぶりに見ました。

a20170108-1.jpg

冬になると、この柳瀬川で必ず見るオナガガモがいました。
昨年11月頃から、下流の合流点で大分見かけたんですが、ここにいました。

a20170108-2.jpg

更に下流に進んでいくと、川の真ん中にアオサギが立っていました。
見ていると、何とも寒そうなのですが、本人は寒くないのですかね。
よく見ると、ハクセキレイが後ろから見ていました。

a20170108-3.jpg

コサギも餌を探しています。

a20170108-4.jpg

ガンカモ調査の為、他の鳥は数えませんが、ツグミもいくつか見ることができました。

a20170108-5.jpg

本日の主役となった鳥を紹介しましょう。
ヒドリガモです。
大きな群れをいくつか見ることができました。

a20170108-6.jpg

更に下流に歩いていき、東上線のガードを潜っていきます。
柳瀬川駅に川越市行きの電車が止まっていました。

a20170108-7.jpg a20170108-8.jpg

ガード下の川を覗いて見ると、主役となったヒドリガモが群れていました。
この場所だと、土手から見えないんです。
気が付かないで、通り過ぎた人もいました。

a20170108-9.jpg a20170108-10.jpg

カルガモが、こちらに向かってきました。
一生懸命泳いでいる様子がいいですね。
ガンバレ!

a20170108-11.jpg

こんな風に、土手の上から観察しています。
ユリノ木通りを渡り、志木中学校との間位の場所です。

a20170108-12.jpg

なんと、よく見るとハシビロガモです。
昨年も、たま~に見ることがありましたけれど、この川では、とても珍しい鳥です。
びん沼では、よく見るんですけれどね。

a20170108-13.jpg

更にいくと、河川敷に沢山のヒドリガモがいました。
何かに驚いたのか、一斉に川の中に逃げ込みました。

a20170108-14.jpg

コガモです。
この鳥も、柳瀬川にはたくさん来ます。パチリ。

a20170108-15.jpg

ムクドリは、志木市に沢山います。夕方になると駅前の木にうるさいほど集まってきます。
この川にも、集団で来ています。
あまりによく見る鳥なので、私もほとんど写真を撮りません。
たまには、撮っておきましょう。パチリ!。

a20170108-16.jpg

マガモが2羽いました。
2羽一緒に写真に収めました。

a20170108-17.jpg

カイツブリは、数が少ないんですが、1年中この柳瀬川にいます。
非常に、警戒心が強いので、近づくと、どんどん遠くに行ってしまいます。
そんなことで、後姿の写真が多いんです。
お尻フリフリ泳いでいきます。

a20170108-18.jpg

スズメが群れていました。
よく見るとその中に、タヒバリがいました。
見落とすところでした。

a20170108-19.jpg

高橋を過ぎたところで、メジロを見つけました。
これは、梅の木のようですが。

a20170108-20.jpg

メジロと一緒にいたのがシジュウカラです。
見ていたら、ビバホームの建物の蛍光灯に止まっていました。
珍しい光景ですね。
多少なりとも暖かいのかな。ツバメみたいですね。

a20170108-21.jpg

このヒヨドリも市内ではどこでも見る鳥ですが、やはり一枚とっておきましょう。

a20170108-22.jpg

イカルチドリです。
この鳥も、この川ではよく見る鳥です。
よく見るところは、ビバホーム裏です。
イソシギも、写真を撮ったつもりでしたが、家に帰ったら、撮っていませんでした。

a20170108-23.jpg

こんな汚いところでコガモがいました。
盛んに動き回っていましたが、気持ち悪くならないんでしょうか?
それにしても汚い。

a20170108-24.jpg

a20170108-25.jpg

新河岸川との合流点手前で、調査は終了しました。
今年は、数が多く、なんとびっくり400羽を超えました。

ヒドリガモ 259、オナガガモ 22、コガモ 94、カルガモ 49、マガモ 2、ハシビロガモ 1、合計は427羽でした。

今年の初日の出の写真と、富士山の写真も載せておきます。

a20170108-26.jpg

いつもと違う、いい場所を見つけました。

a20170108-27.jpg

今年もよろしくお願いします。(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11月23日に柳瀬川ぶらり散歩が始まりました。
1回目は、柳瀬川駅前のサミット前円形広場に集合し、上流に向かって歩いていきます。

a20161123-01.jpg

志木大橋です。
ここを渡りますが、この日は少し天気が悪く、ポツリポツリと降ってきました。
でも、その程度です。

a20161123-02.jpg

道路を横切って上流に向かいます。
河川敷は、オギの花が咲いていて、とてもきれいです。

a20161123-1.jpg a20161123-2.jpg

左岸のオリンピックの方に行く人と自転車だけが渡れる橋です。

a20161123-3.jpg

清瀬水再生センターにつきました。
ここからの処理水が、志木の方に流れて来る柳瀬川の水量の半分以上にもなっているんです。
この時も大量に流れ出ていました。

a20161123-4.jpg

a20161123-5.jpg a20161123-6.jpg

清瀬水再生センターの上流には、清瀬下宿ビオトープ公園があります。カワセミの声が聞こえたという人がいました。

a20161123-7.jpg a20161123-8.jpg

更に上流に向かって歩いていくと、関越自動車道手前で、左岸から東川が合流しています。

a20161123-9.jpg

関越自動車道は、下を潜ります。

a20161123-10.jpg

潜ったところの対岸は、滝の城址公園になっています。
台地の上に、本廓、二の郭、三の郭等が残っています。

a20161123-11.jpg

この先から、柳瀬川を離れ、下宿集落の古道を暫く歩きます。
古い茅葺屋根の民家が出てきました。残念ながら中には入れませんでした。
この家は、もともと、野塩1丁目363番地にあった森田家だそうです。
調べてみると、何回か行ったことのある野塩地域市民センターの近くでした。

a20161123-12.jpg

更に歩いていくと、立派な長屋門がありました。
円通寺の長屋門として、案内板がありました。

a20161123-13.jpg

下宿地域市民センターで、休憩です。

a20161123-14.jpg

この先は、桜並木が続く、柳瀬川の堤です。
紅葉がきれいでした。

a20161123-15.jpg a20161123-16.jpg

この先の橋を渡り左岸の金山調節地を一周して、道路を隔てた金山緑地公園にて昼食です。
途中でポツポツ当たったものの、何とか傘もささずに済みました。
寒いです。

a20161123-17.jpg a20161123-18.jpg

松柳橋の向こうがアカバッケです。
ここは、20m近い崖になっています。

a20161123-19.jpg

中里地域市民センターで休憩して、清瀬橋を潜り、柳瀬川の合流点に。

a20161123-20.jpg

ここから、左岸に渡り、崖線を上って、東所沢駅まで歩きました。
ここで一応解散し、武蔵野線とバスに分かれて、帰路につきました。

a20161123-21.jpg

(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
柳瀬川が霧に包まれていました。
いつも、川に来ている鳥を土手の上から観察するのですが、霧でよく見えず、何の鳥だか判別が困難でした。
川で釣りをしている人もこんな感じです。

a20161120-1.jpg

土手の上も、靄で先の方が見えません。

a20161120-2.jpg

時間がたってくると少しずつ霧も薄らいできて、河川敷のセグロセキレイの写真も撮れるようになってきました。

a20161120-3.jpg

高橋の上から見た上流の様子です。

a20161120-4.jpg

水谷田んぼに行くと、田んぼの中に耕運機の作業跡がなぜか目に留まりました。

a20161120-5.jpg

靄の中での観察です。
どんな写真になったんでしょうか?

a20161120-6.jpg

上を見ると、太陽がかすんでいました。
まるで、満月みたいですね。

a20161120-7.jpg

水谷田んぼの観察も終わりになるころには、かなり靄もなくなってきました。
スズメもよく見えますよ。

a20161120-8.jpg

ツグミが2羽、木の枝にとまっていました。
この木のあたりで、アリスイが見れたという情報を教えてくれましたので、しばらく見ていましたが、この日は残念ながら、見ることはできませんでした。

a20161120-9.jpg

富士見を渡り、右岸に戻り、出発点の志木中に向かって歩いていると、カワセミが飛んできました。
靄も晴れてきたので、対岸ではありましたが、何とか写真を撮ることができました。

a20161120-10.jpg

(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11月13日(日)に西原ふれあい第三公園の手入れを行いました。
公園入口の様子です。

a20161113-1.jpg a20161113-2.jpg

この日も、ゴミが多いんです。
同じところに、同じごみがあるのは、だいたい同じ人が捨てているんでしょうね。
困ったものです。

a20161113-3.jpg a20161113-4.jpg

公園中央付近の上からのデイル口付近から、入ってくると、しだれ桜があります。
このシダレザクラの下も草ぼうぼうの状態になっていました。
ここを、今回は、きれいに刈りこみました。
来年は、このシダレザクラの下で、お花見をしたいと思います。

a20161113-5.jpg a20161113-6.jpg

この付近には、シダが生えています。

a20161113-7.jpg

ここで、公園の手入れを終えた後に、お花見をしたいと思っています。

a20161113-8.jpg a20161113-9.jpg

a20161113-10.jpg

(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ