FC2ブログ
活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4月29日(木・昭和の日)
新河岸川をぶらり散歩(3)[新狭山~入間川笹井堰]

奥富神社
読売新聞で告知されたお陰で33名の参加者があり、天田さんの案内でにぎやかに第一歩。
まずは新緑さわやかな奥富神社から、気持ちのいいスタートです。

上奥富用水堰
入間川から上奥富用水に導水する上奥富用水堰。
前日の雨で推量が豊かです。カワセミが「ツィーッ」と飛んでいきました。

入間第二用水
新河岸川の上流部にあたる入間第二用水(旧赤間川)。左手に武蔵野台地の段丘を見ながらぶらり、ぶらり。
流れにぶらさがっているタイヤは何でしょう?
人が誤って落ちたときの用心のため?

霞川
青梅を水源とする古多摩川の一つである霞川に到着。ここまでで約14,000歩。
今まで歩いてきた入間第二用水は「伏せ越し」という工法により、なんと霞川の下をくぐって対岸に出ています。

イボタノキ
入間ビレッジの公園で見つけたモクセイ科のイボタノキ。
葉がスプーンの先のように丸いのが特徴で、もう少しすると白い小さな花がたくさん咲きます。
樹皮につくイボタロウムシが名前の由来だそうで、この虫の出すロウ物質をイボタロウと言い、薬用や家具の艶だしなどに使われたそうですよ。

笹井堰
ぶらりぶらり、ぶらりぶらりと歩いて入間第二用水の終点、入間川の笹井堰に到着。
水量も多く、轟々と流れ落ちる水の迫力を耳と目で感じました。
今はコンクリート製(1939[昭和14]年竣工)になっていますが、この堰は江戸時代からあり、蛇篭や杭木でつくられていたそうです。

武蔵富岡教会
川の旅に別れを告げ、入間市駅に向かいます。
途中、1923(大正12)年に建てられた武蔵富岡教会を通り過ぎます。
ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計だそうです。ふむふむ。ぶらりぶらり…

西洋館
さらに進むと、同じく1923年に建てられた室岡惣七設計の旧石川組製糸西洋館に。

入間市駅
ぶらりぶらりと歩くこと22,000歩、約12km。
終点の入間市駅が見えてきました。午後3時15分。9時半に本川越駅に集合してから約6時間。みなさん、お疲れ様でした。
天気もよく、気持ちのいい一日でした。案内役の天田夫妻、ありがとうございました!!!
[ウキゴリくん]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ