FC2ブログ
活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2月3日(日)に志木の自然観察(冬)を行いました。
この日は、他の団体と集合時間と場所、内容も重なってしまいました。
当初の集合場所を変更して、柳瀬川駅東口ロータリーとしました。
従って、東上線鉄橋の下流側から観察を始めました。
富士見橋との間で、アメリカヒドリを見ることができました。
そもそも、数(1・2羽)が少ないので、ラッキーでした。
富士見橋下流の河川敷では、ハクセキレイ、セグロセキレイ、イソシギ、イカルチドリなどの小鳥を沢山見ることができました。
志木中学校前の木の上には、沢山のカワラヒワがとまっていました。
また、川には、沢山のヒドリガモやコガモに混じって、オナガガモやマガモも確認できました。
a20190203-1.jpg
クラブ中野児童遊園地を過ぎたあたりの河川敷にも小さな鳥が沢山います。
対岸には、いつものようにアカミミガメが甲羅干しをしていました。
a20190203-2.jpg
高橋と栄橋の間の河原も小さな鳥を見る場所としてはいいところです。
河原の鳥を見ていると、カワセミが目の前を飛んでいきました。
a20190203-3.jpg
更に下流に行くと、オオバンが沢山見られるようになります。
オオバンは、カモのように水かきがありません。
足の指にビラビラがついています。(弁足といいます。)
a20190203-4.jpg a20190203-5.jpg 
以前、柳瀬川で撮った写真ですが、体の割に足がとても大きいです。
水かきの場合は、水をけった後、指を傘をたたむようにして、前に戻して、水の抵抗を減らしていますが、弁足は小さくたためませんので、前に戻すときは、足を横にねじって水の抵抗を減らしています。
a20190203-8.jpg
今回あまり写真を撮れなかったのですが、柳瀬川の代表的な水鳥のヒドリガモです。
a20190203-6.jpg 
村山快哉堂のある中洲は、最近工事をしているせいか、ほとんど鳥を見ることができませんでした。今回は、野鳥を見るだけでなく、柳瀬川についての説明を重要なポイントで行いました。
エコシティ志木ならではの観察会ができたと思います。
a20190203-7.jpg
コースも他の団体とぶつからないように、右岸だけにしましたが、その分ゆっくりと鳥の観察ができたことと、柳瀬川の説明にも時間を割くことができとてもよかったと思っています。(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ