FC2ブログ
活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3月20日に羽村取水堰まで行ってきました。
武蔵野線北朝霞駅に集合した後、拝島駅まで行き、ここから歩きました。

a20160320-1.jpg

玉川上水に出て、水路に沿って歩いて行きます。

a20160320-2.jpg a20160320-3.jpg

八高線をくぐった後、水喰土公園に行きます。
この付近は、古くから「みずくらいど」といわれてきていて、玉川上水開削の時に、この辺りで水が地中に吸い込まれてしまい、失敗してしまったところです。その為、玉川上水は、この辺りを避けて流れています。
その時の、開削跡が約1㎞ほど残っています。

a20160320-4.jpg a20160320-5.jpg

通称ほたる橋と呼ばれている青梅橋を渡り、ほたる通りを歩いて行くと、奥多摩街道に出ます。
武蔵野台地崖線(河岸段丘)上からは、多摩川が流れる低地が、広がっていた。
この写真でも、その高低差がよく分かると思います。

a20160320-6.jpg a20160320-7.jpg

崖線を下りて、せせらぎ通りを歩いて行くと、ほたる公園がありました。
ここでは、ホタルを養殖して育てて、水路に移して楽しんでいます。
ちょうど、水路の手入れをしていました。

a20160320-8.jpg

また崖線を上り、玉川上水沿いを歩きます。
この玉川上水から、水を取り入れて、利用が許されたところがあります。
酒蔵の敷地の中を今も取り込まれた水が流れていました。

a20160320-9.jpg a20160320-10.jpg

a20160320-13.jpg a20160320-11.jpg

a20160320-12.jpg

富士山の見える丘と言う公園があり、ここで昼食をとることにしました。

a20160320-14.jpg

羽村市に入り、村山貯水池へ水を送る所です。
ここからは、暗渠を流れて行きます。
一方で、小作浄水場に水を送るポンプ施設もあります。

a20160320-15.jpg

やっと羽村取水堰下の広場に着きました。
ここには、玉川上水を開削した玉川兄弟の像があります。

a20160320-16.jpg

a20160320-17.jpg

ここから玉川上水が始まっています。

a20160320-18.jpg

取水堰です。

a20160320-19.jpg

対岸にある羽村市郷土博物館をじっくりと見学しました。
館内には、取水堰た玉川上水の展示の他、庭には、古い茅葺の民家も移築され、展示してありました。

a20160320-20.jpg a20160320-21.jpg a20160320-22.jpg a20160320-23.jpg

この後は、羽村駅まで行き、ついでの見学になりましたけれど、駅近くのまいまいず井戸も見てきました。
この井戸は、鎌倉時代につくられたようですが、井戸の中を覗くと、まだ水が溜まっていました。

a20160320-24.jpg

ここの桜の開花は、もう少しでした。

a20160320-25.jpg

(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ