活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9月6日に水塚(みづか)を訪問したおりに、蔵の壁に等間隔に並んだL字型の釘が話題になりました。

田中家の折釘
「あれはなんでしょう?」と、蔵の所有者にお聞きしましたが「大工さんに確か教えてもらった記憶があるが忘れてしまいました」とのこと。

「物をかけておく釘か?」
「火事の時にはしごをかけるんじゃないか?」
「いや、修理のときに使うのかも知れないよ」
などと色々な意見が出ましたが不明のまま。

御当主にも「私も知りたいのでまた聞いておきますよ。わかったら連絡します」
とおっしゃっていただき、お別れしました。

帰宅後、ホームページなどで調べてみると、それは「折釘(おれくぎ)」と呼ばれていることがわかりました。
用途は特に限定的な目的があるわけではなく、漆喰壁の蔵づくりだと後から釘を打ったりの加工ができないのであらかじめ取り付けてあるもののようです。

用途は、
(1)農具などをかける
(2)土蔵の壁の塗り替えや屋根の補修をするとき足場を組む
(3)火事のときには火消しが屋根にあがる足掛かりにする
(4)装飾的な意味合い
などがあるそうです。

後日(9月13日)、廃屋になった水塚を見学する機会があり、折釘を見ると、太い柱にがっちりと打ち込んであるのがわかりました。

廃屋の折釘

なるほど、「折釘」への疑問から、様々な知恵を凝縮して建てられている「蔵」の奥深さを実感することができました。(合掌)
[毛利]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ