FC2ブログ
活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9月6日(日)
水塚(みづか)現地調査(その1)
残暑の中、16名の調査員が参加しました。本日は5軒のお宅を訪問しました。いずれも江戸時代から続く旧家です。

水塚の説明
最初に訪問したお宅は、現在造園業を営むTさん宅。天明年間の墓碑がある旧家で、当主のTさん(65歳)は16代目だそうです。現在は「若い者」が住むという水塚の前で。

Tさんのお宅がある場所は宗岡の中でも高い地区でしたが、明治43年の関東平野全域が水没したという大水害の時は水が大人の背丈くらいになったそうです。

橋
母屋から水塚に避難するための「ケヤキ製の橋」
300年くらい前のものだそうです。Tさんが子どもの頃はよく磨かれていて黒光りしていたそうです。

水塚の2階
Kさんのお宅では、水塚の中を見学させていただきました。急な階段を用心深く2階にあがっているところです。
水塚の広さは3間×2間で12畳くらい。1階には米、2階には衣服や布団がしまってあったそうです。水塚のすぐ隣には、みそや梅干し用の瓶などの日用品をしまっておく「オロシ」と呼ぶ物置もあったそうです。「オロシ」とは水塚の蔵に比べて気軽に日用品を出したりしまったりできる物置とのことで、棚卸しの「卸し」のような意味あいでしょうか。

記念撮影
Oさんのお宅の水塚の前で記念撮影。
明治43年の水害時には水塚の現在の漆喰壁と石壁の境のところまで水がきたそうです。壁の塗り替え前には水の跡が残っていたそうです。
納屋に保存されていた舟(長さ4.75m)も見せていただきました。

「聞き取り調査っておもしろいですねーーー!」
思わず調査員の一人が言いました。水塚をきっかけに、昔の知恵や言葉に触れる今回の宗岡訪問。私もすごく興味を惹かれました。
説明して頂いた皆さん、本当にありがとうございました。次回が待ち遠しいです。(毛利)



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ