FC2ブログ
活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11月3日(土・文化の日)
志木ぶらり散歩「宗岡の水との生活と語り部を訪ねて」

いろは橋

当会メンバーや一般参加者の他に東上まちづくりフォーラム、日本建築学会関東支部埼玉支所会員も含め20 名が参加。

今回のキーワードは「景観資源」と「語り部」。
宗岡の水にかかわる生活の「文化的景観」を再発見・再認識することを目的とするとともに、当会メンバーが交代で説明し、さらに水塚所有者の方から詳しくお話を伺いました。

篭島門樋
江戸時代の堤防に設けられた「篭島門樋」

コースとしては、三代の堤防・朝霞水路・下ノ氷川神社・圦樋・水塚など水にかかわる景観資源の他、
道々の自然観察もぶらり散歩の特徴です。
また、今回はメンバーが交代で説明したので、新しい視点での新鮮な驚きと発見がありました。

氷川さん
下ノ氷川神社の解説をする当会メンバー

倉全景
K家の水塚(みづか)全景
Kさんは、「うちのは『水塚』ではなく『蔵(くら)』だよ」とおっしゃっていました。

金子久子さん
水塚所有者のKさん(79 歳)

「明治43 年の大水のときは、おばあちゃん乳呑み児抱えてね、お姉さんの嫁ぎ先の浜崎に舟で避難したんですって。なんかもう凄い流れでね。渦巻いててね。乗りだした舟っていう言葉があるけれども、こんな舟乗らなきゃよかったって…」というような語りも興味深くお伺いできました。

倉の中
蔵の入り口
右端にレンガが見えます

金子家の舟
K家の納屋に保存されている舟
長さ6.29メートル、幅1.37メートルあります。

宗岡浄水場
宗岡浄水場
壁面に、明治43年の大洪水の水位や荒川・新河岸川の堤防の高さなどが記されています

9 月の板倉町見学会で得たものを参考にして、志木・宗岡地区でも地域の「文化的景観」として総合的にとらえることを心がけました。志木まるごと博物館の実践としてさらに一歩前進できればと思っています。 

おつかれ

みなさん、お疲れ様でした!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ