FC2ブログ
活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月30日(日)にいろは親水公園こもれびのこみちの手入れを行いました。
この写真は、なんだかわかりますか?
こもれびのこみちの入り口にある大きな石の上のコケです。
この暑さでかなりくたびれていますね。
でも、大丈夫です。また雨が降って湿り気が出てくると元気な様子になります。
こもれびのこみちの看板が草で見えにくくなってしまったので、良く見えるように刈り込んでくれました。これも大切な管理ですね。
計画図の方も周辺をきれいに刈りこみました。
敷島神社の裏にまわりました。
ひとつだけヒガンバナが咲いていました。
早く咲きすぎてしまい、暑くてたまらないといった感じで咲いています。
今年は、いろいろなものが、季節外れに咲いています。
ヒガンバナもあまりの暑さでびっくりでしょうね。
ミンミンゼミです。
公園の中は、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシが沢山鳴いています。
賑やかでいいです。暑さに似合う夏の音ですね。
集音マイクで録音したくなります。
a20200830-7.jpg
遊歩道側に生えてきた草やササを刈り取ってみたら、何かゴミがある。
取り上げてみると1円玉でした。
具体的な話はともかく、敷島神社の裏の遊歩道脇の藪から小銭だけがザクザク。
気になりますね~!
こんなにありました。
これは、全て志木駅前の交番に届けました。
a20200830-9.jpg
西原もそうですが、今年は少し落ち葉が多い感じがします。
皆で掃き掃除。きれいにしました。
a20200830-11.jpg
池には、シオカラトンボが飛び交っています。このトンボは、いかにも暑い夏がとても似合うような気がします。
池の脇から湧水が出ているところまで、見てまわります。
水路の向こうにこんなゴミが落ちています。
これは、上から投げられたものか、ここを見学に来た人が投げ込んだのか、困ったものです。
a20200830-13.jpg
ツリフネソウが少しつぼみを持ち始めました。
楽しみですね。
皆さん見てください。
a20200830-14.jpg
前回、草刈りしたところです。
スッキリしていて、気分がいいですね。
9月に入ったら、みんなできれいにしましょう。
a20200830-15.jpg
斜面林の端まで歩きながら、土手に伸びた枝や蔓を刈り取り、ゴミを拾って折り返しました。
帰りには、湧水が流れているところでザリガニを捕っている子供がいました。
おじいちゃんでしょうか?一緒に見守っていました。
小さな子供たちの自然との触れ合いの場です。楽しんでくれると嬉しいです。
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月29日。今日は、生きものが大好きな若い人が初めて参加してくれました。
嬉しいですね。
西原ふれあい第三公園の入り口からいつものように作業を開始しました。
入り口には、最近始まった乗り捨て自由な貸自転車置き場ができていて、何台か停められていました。
この公園に遊びに来てくれる人が増えるといいですね。
a20200829-1.jpg
道路側の隅にイノコズチが蔓延っています。
これが、沢山の種をまき散らすと、更に大変なことになります。
先ずは、このイノコズチの刈り取りを行いました。
今日もとても暑い、早めの水分補給をすることにしました。
私は、氷を入れてそこに水を入れカシャカシャとリュックに入れて作業をしています。
暑い時には、これがいいですね。
a20200829-2.jpg
中央の広場には、結構枯葉が落ちていました。
a20200829-3.jpg
暑い事もあり、斜面林の中の木陰での作業にしました。
この林の中の道の脇のササを刈り取ったり、落ちている枯れ枝の片づけを行いました。
a20200829-4.jpg
カブトムシを見つけました。
だいたい毎年作業中に見つけることができます。
中には、沢山いるんですね。
落ち葉溜めの中も、幼虫のいい棲みかになっているはずです。
a20200829-5.jpg
今日参加された方が、これからもいい仲間として参加していただければうれしいです。
お待ちしています。
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月24日(月)に生きもの調査を行いました。
夏の暑い時期ということで、木陰の中での調査場所として、このこもれびのこみちを選びました。
集合場所は、旧村山快哉堂前です。村山快哉堂裏の木にキマダラカメムシがいました。
小さいですが、よく見るととてもきれいです。
今回は、こもれびのこみちが調査地ですので、中洲の調査は早めに切り上げました。
親水公園右岸の土手の上は、セイバンモロコシの遊歩道になってしまいました。
セイバンモロコシの中も生きものたちにとっては、とてもいい棲みかになっているようです。
ショウリョウバッタです。
a20200824-4.jpg
水路のあるまさにこもれびのこみちです。
皆さん、いろいろなものを見つけて観察しています。
どうしても、なにか見つけるとのぞき込むことになります。
フェイスシールドを付けていると少し安全度も高まります。
参加する会員の皆さんにお配りしましたので、つけてもらう様にしたいと思います。
この辺りは、木陰になっていますので、多少ですが涼しいようです。
カマキリが威嚇しています。
a20200824-8.jpg
皆さんカメラを向けて写真を撮っているのは、ジャコウアゲハのメスです。
結構じっとしているので、いい写真が撮れたと思います。
今回は、しっかり記録をとりましたので、この階段を下りて、この日は終了しました。
a20200824-11.jpg
生きものを観察するときに、どうしても近づきがちなので、次回は差し棒を用意したいと思います。
また、近づかなくても分かるように、大声での説明等にも工夫が必要と思っています。
これからも、皆さんのご協力をお願いしたいと思います。
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カヤネズミ原っぱの外来植物駆除は、8月18日の作業を以って、今年は終了です。
ここは、富士下橋側から入ってすぐのところです。左側の木陰でいつも休憩しています。
最初の頃は、この辺りもオオブタクサが沢山生えていましたが、見ていただいた通り、殆ど抜き取り、その後生えてくるものも全て徹底して抜き取りました。
a20200818-1.jpg
その先も大分きれいになりました。
a20200818-3.jpg
この先のところが、オオブタクサ抜き取り最前線になります。
周りを見ても、抜き取り作業の皆さんの様子が分かりません。
オオブタクサばかりでなく、オギやヨシも背高く伸びてしまって、その中で作業している姿が分かりにくいのです。
a20200818-4.jpg
この画像をクリックしていただくと何かわかると思います。
a20200818-5.jpg
私が作業している最前線の様子です。
オオブタクサは、4mほどになって立ちはだかっています。
今回も、どんどん抜いていきますが、中には、太く木のようになってしまっているものもあり、引っこ抜いても抜けません。
a20200818-2.jpg
抜けないものを思いっきり力を入れて引っ張るとものすごく体力を使います。
この暑さでは、極めて危険な形になります。
こういう時の為に、のこぎりを侍の刀のように脇差にして作業をしています。
木のようなものは、ゴキゴキと切り倒します。
a20200818-6.jpg
遠くから、カヤネズミの巣を見つけました~!の声がしましたので、みんなで見に行きました。
今年は、毎回カヤネズミの巣を見つけています。
沢山住んでいるのが確認でき、とてもうれしいです。
a20200818-7.jpg
今日は、8人でした。
半欠けが私です。
皆さん、大変ご苦労様でした。
a20200818-8.jpg
今回の結果を来年見るのが楽しみです。
皆さん、またよろしく願いします。
勝手にこの部隊の名前を付けました。
皆さんからのご意見を反映して「カヤネズミ原っぱ守り隊」にしました。
よろしくお願いします。
今日は、都合が悪く参加できなかった方もおりますが、今年は、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
少しでも隊員の人数を増やして、すばらしいカヤネズミ原っぱにしましょう!
今年も、募集人数を絞って、9月27日(日に「カヤネズミの巣をさがそう」を行います。
新型コロナ対応としても、十分なスタッフで対応したいと思いますので、皆さんのスタッフ参加もよろしくお願いします。初めての方も歓迎です。ご連絡をお願いします。
(青木明雄)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここがこもれびのみちのあずま屋です。だいぶ床が傷んでいるので、近く大修理になります。
ここが今日の集合場所です。今日8月17日(月)はここの手入れの日です。今年度は、月2回にしたため、なかなかすべて日曜日に出来なくてすみません。
ミンミンゼミが目の前で鳴いています。斜面は、アブラゼミの合唱です。
池の上でもトンボが飛び回っていて、時々、池に卵を産み付けています。
クリックして大きくすると分かりますが、シオカラトンボのオスとメスが飛んでいます。
いつも、作業は公園入口に向かう水路脇(ここは、まさにこもれびの道ですね)を歩きながら、道に飛び出た草木を刈り取ります。
a20200617-2.jpg
ルリタテハがとまって、羽根を閉じたり開いたりしていました。
よく見ると、もうボロボロですね。
a20200617-5.jpg
カタハリウズグモです。うずがきれいですね。
カメラのピントを合わせるのが、ちょっと手間取ります。
志木生きもの図鑑にも載っていますので、見てください。
こみちの脇のヤブミョウガは、もう沢山の実がついていました。
a20200617-8.jpg
公園の入り口です。
a20200617-9.jpg
階段を登って、敷島神社の裏の遊歩道に出て片付けていきます。
顔面を覆うマスクなので、顔が良く分かりません。
a20200617-11.jpg
この斜面には、下から上までヤブミョウガが生えていて、白い花が目立ちます。
a20200617-10.jpg
こちらは、オオヒラタシデムシです。この虫は、生きものの死体に集まってきて、死体を餌にしています。死体があると出てくるので「死出虫」の名前がついています。
a20200617-7.jpg
アカボシゴマダラです。
a20200617-12.jpg
セミもくたびれたか草の上です。
近づいたら飛び立って行きました。
かわいそうだったかな。
a20200617-13.jpg
ここから下に降りてあづま屋に戻ります。
水分補給をしっかりとって、休憩です。
個々の脇の木に、沢山のサトキマダラヒカゲの中にカナブンがいました。
以前、この木の根っこには、スズメバチが沢山来てました。
a20200617-16.jpg
アゲハです。
翅のオレンジがほとんど見られず黒の線が太くなっています。
夏羽ですね。
a20200617-17.jpg
池の端を通って、水路脇を通り土手に登ってきました。
湧水路が切れて、土手の下から新河岸川に注ぐ辺りは、ツリフネソウの群生地です。
志木市では、ここでしか見ることができません。
今日は、花を見ることができませんでした。
a20200617-19.jpg
この先の斜面は、一面が草に覆われてしまいました。
コロナ依頼、全くの手付かずです。
中に入って、草をかき分けると、キツネノカミソリが咲いていました。
これが、土手からきれいに見えるはずなんですがね。残念です。
a20200617-20.jpg
2人で、ここの草を少しはぎ取り、片付けました。
キツネノカミソリが出てきました。
a20200617-23.jpg
今日は、これだけです。
a20200617-22.jpg
富士下橋から見た新河岸川合流点側です。
a20200617-24.jpg
春には、池の水面を、散った花びらで真っ白にしてしまうミズキは、いまこんな感じです。
a20200617-25.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月16日(日)に柳瀬川水族館を行いました。
土手下の川には、釣り人が数人いました。釣果を見せてもらうと、20匹ほど釣り上げていました。聞くと私の家の近くの方でした。私は、いつものように下流に向かって手網で水族館用の魚を捕ってきました。
魚の展示を、天田さんにお任せして、

a20200816-6.jpg
前回も来てくれた本町に住む高校生を連れて、今度は上流に向かって川の中を歩き、反対の岸辺で魚捕りに挑戦しました。
久しぶりのマハゼと比較的大きなモクズガニをとることができました。
a20200816-4.jpg
朝からものすごく暑い。あまり暑いので、土手を散歩する人も少なく、時々歩いてくる人も、暑いので、あまり足を止めてみてくれません。
a20200816-1.jpg
前回の3人の子供たちも来て、川で遊んでいました。
釣り人からいただいた魚を展示用の水槽に入れて遊んでいました。
あまり、のぞき込む人がいなかった水槽は、子供たちの遊び場となっていました。
楽しんでもらえたようです。
a20200816-3.jpg
この柳瀬川水族館も志木の生きもの調査の一環として行っていますので、毎回記録をとっています。
記録を今回掲載しておきますのでご覧ください。
記録は、畠光男さんにお願いしています。
下の画像をクリックしてください。(青木明雄)
a20200816-7.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9日の西原ふれあい第三公園の手入れの時に、もう終わったかなと思ったカラスウリを見てみたら、まだまだつぼみが沢山ありました。夜にでも見に行こうと思っていたところ、急用が入りいけなくなりました。やっと12日の夜になって見に行ってきました。
見てみると、いくつもの花が咲いていました。かわった花ですね。
日中は、ものすごい雷雨でしたが、夜に咲いたので、花はきれいでした。
ポツポツと降っている中で写真を撮ってきました。
写真は、クリックすると大きくなります。
この花には、アリが来ていました。
蜜は中の方にあり、アリでは、蜜を吸うのは難しそうですが、暫くうろうろしていってしまいました。
a20200812-3.jpg
暫く経つと、こんな実が見れるはずです。
楽しみですね。
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月9日(日)に西原ふれあい第三公園の手入れを行いました。
集合場所には、8人が集まりました。
集合場所で、セミに抜けかわったばかりのものを見つけました。まだもぞもぞと羽根を大きく伸ばしていました。写真があまりうまく写っていなくてすみません。
a20200809-1.jpg
西原の森や公園の中のあちこちでセミが鳴いています。
私が、耳にしたのは、ニイニイゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシでした。
真夏の暑さを耳で感じます。
アブラゼミです。
a20200809-2.jpg
西原ふれあい第三公園は、緑でコンモリしています。
a20200809-3.jpg
セミの抜け殻を見つけました。
白い糸のようなものは、幼虫の体からお中の気門に繋がる気管が抜殻と一緒に残ったものです。
セミの幼虫は、お腹側の気門から空気を吸っています。
a20200809-4.jpg
今回は、人数が8人ですので、適当に分かれて手入れしています。
a20200809-5.jpg
ミンミンゼミです。
a20200809-6.jpg
湧水路のがあるところからの西原の森です。
a20200809-7.jpg
今日の作業の最後は、階段を掃除しながら降りてきて、道路脇の掃除をして終わりました。
a20200809-8.jpg
ヤブミョウガの白い花がとてもきれいでした。
a20200809-9.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
梅雨が明けて本格的な夏日がとなっています。
8月8日に柳瀬川の美化活動を行いました。
柳瀬川の様子です。
河川敷には水が溜まっています。
a20200808-3.jpg
増水したときに流れてきたゴミが、木に引っ掛かっています。
a20200808-6.jpg
河川敷は、こんな感じです。
ゴミがほとんどなくきれいに見えます。
今回のゴミは、河川敷に生えている草にプラゴミがひっかかっているものが大半です。
しかも、増水した強い川の流れにちぎれてしまっているのが大半でした。
皆さんが集めたゴミを持って土手の上に集まってきました。
a20200808-5.jpg
志木市のゴミ分別のルールに従って分別します。
今日は、5人です。
a20200808-7.jpg
土手の法面には、オオブタクサがビッシリと生えていました。
刈込後に生えたものなので、花が咲くまでには、時間がかかりそうです。
あまりにもひどいので抜き取り作業を考えたいと思います。
a20200808-8.jpg
短時間でも、汗びっしょりです。
いつもそうですが、作業に出かける前に玄関に着替えを用意しておきます。
帰ったらすぐにシャワーを浴びて、すぐ出かけられるようにしています。
この日も、直ぐにシャワー、そして車で出かけました。
びっしょり汗かいてのシャワーは気持ちがいいです。
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この辺りは、オオブタクサが沢山生えていたところですが、今度は、アレチウリが覆いつくしていました。先ずは、このアレチウリをはぎ取ることにしました。
少し入ったところは、オオブタクサを抜き取った後の草原になっています。
今回も、また新しいカヤネズミの巣を見つけました。
カヤネズミが元気に暮らしているようです。
a20200804-4.jpg
前回までにオオブタクサを抜き取った後です。
オオブタクサは無くなり、ヨシとオギになっています。
オオブタクサ抜き取りの為、押し倒してしまいましたが、元気に茂ってくることを期待しています。
ヨシやオギと一緒に生えているオオブタクサの抜き取り駆除を行っています。
どこに人がいるか分かりますか?クリックしてみてください。
取り残したものやあとから生えてきたオオブタクサを見つけて徹底的に抜いていきます。
a20200804-12.jpg
オオブタクサの群生を抜いていくと、こんな道ができます。
オオブタクサは、オギやヨシよりも背高くなっています。
これを抜いていきます。
今年は、4月と5月の作業が新型コロナウィルスの関係で中止となってしまっているので、少しでも取り戻すべく、1時間半の時間は、集中した抜き取り作業に割り当ててしまい、あまり観察の時間が取れていません。申し訳ないと思っていますが、これ以上、この原っぱのオオブタクサを放置してしまうと、この場所の環境維持ができなくなってしまいます。
何とか、この貴重な自然を守っていきたいと思います。
1人、集合写真から漏れてしまいました。今日は、8人で作業を行いました。
a20200804-15.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ