FC2ブログ
活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は、埼玉県の水環境課から3名の方が現場体験に来てくれました。
カヤネズミ原っぱは、この広場の先の通称赤橋の先なんです。
a20200721-1.jpg
作業時間は、9時から10時半です。30分毎に休憩を10分ほど取ります。
結構、短時間でもかなり力を入れてやることになるので、思ったより疲れます。
休んだ方が、そのあと力が出るので、結果的に効率がいいです。(これまでの長い経験です)
作業前の写真を撮るのを忘れました。
大分先まで抜き取り作業が進みました。
クリックすると人が分かると思います。
作業の様子を見てください。


少し離れて、マスクをしての記念写真です。
早く、マスクの写真が懐かしく感じるようになってほしいですね。
a20200721-8.jpg
今日はカヤネズミの巣を2つ見つけました。
カヤネズミが元気に暮らしているようです。
オニグルミの様子です。
a20200721-9.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自然の素材でいろいろなものを作る第1回目の会を行いました。
そもそもは、天田代表のどんぐりがいっぱい溜まっているので、何かやろうという話からです。
持っているものだけでなく、自然の中にある素材をいろいろ使って作ることにしました。
今回は、7月20日に西原ふれあい第三公園「森の工作室」を開きました。
来る途中、人気がない公園は、鳥たちの天下です。遊歩道に鳥がちらほら。
a20200720-1.jpg
中央公園に集まって、先ずは素材集めからです。
竹を切ってきて、今回の竹細工の材料にします。
用意した竹割ナタが大活躍です。
天田さんが持ってきてくれた材料です。どんぐり以外にいろいろな材料があります。崩れないような処理もしておいてくれました。ありがとうございます。
a20200720-4.jpg
更に、利用できそうな材料を集めてくれました。
a20200720-8.jpg
新コロナ感染予防として濃厚接触にならないように充分離れて作業を行いました。
道具の使用は手袋をしたり、直接握ったものは消毒液で拭くことにしました。
帰りには、全ての道具をアルコールで拭いて片付けました。
a20200720-5.jpg
皆さん、意外と作るのが上手いし早い。
水鉄砲です。しっかり水が飛んでます。
クリックして大きな画像でお楽しみください。
a20200720-6.jpg
竹トンボです。
よく飛んでいますが、まだ改良が必要だとか。
a20200720-7.jpg
これは、タケのけん玉です。
面白いアイデアですね。
参考本を持ってきて作りました。
さあ、これは入ったでしょうか?
a20200720-10.jpg
これは、リースです。いいものができました。
a20200720-12.jpg
これは、私の作ったもっとも簡単な貯金箱です。
一応500円玉も入る事を確認しました。
500円玉は、入れていません。イベントであげようと思っています。
もう一つは、一輪挿しです。壁にかけて楽しんでもらおうと思います。
a20200720-9.jpg
出来上がってみると、更なる改良が思いつきます。
a20200720-11.jpg
これは、通りがかった人が興味津々とみていきました。
忘れ物のねぎです。
そっとそのまま置いておきました。
取りに戻ってくれたかな~!
a20200720-13.jpg
今回は、とても大きな成果がありました。
2時間(9時から11時)で結構できるものですね!
出展のイベントで、子供達に自然の材料で工作してもらうコーナーを考えていますが、子供に作ってもらうための練習はできませんでしたが、イベントで使える道具は大分できました。
次回ですが、8月は暑いのでやりません。9月にカヤネズミの巣をさがそうのイベントや出展イベントがあるので、9月に入ったら行いたいと思います。
次回は、いろは親水公園で「川の工作室」を行おうと思います。
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月19日に柳瀬川水族館を行いました。夏時間での実施になるので、9時から11時です。
川の流れは穏やかです。
釣り人を一人発見。釣り人を見つけた時は、必ず声をかけます。
何事も、人に会ったら挨拶するとか、声かけあうことが大事ですね!
中には、偉そうな返事が返ってくることもありますが、こちらの態度は変えずにフレンドリーに接することにしています。次に会った時は、少し感じのいい返事が返ってきます。
見た目は、穏やかですが、長く雨が続いたせいか、川の中の水草が全然ありません。
こういう時は、魚もいません。

a20200719-3.jpg
とりあえず、捕ったものを持ってきて、水槽に入れました。
水族館の開始です。早く展示したいので、とりあえずの展示としましたが、結果としてこれだけでした。今日は、会員の子供とその友達2人が朝から来ていました。
a20200719-4.jpg
数は少ないが、魚の種類は、それなりに捕れました。
あまりとれないのですまないと思っている私とは逆に、数が少なく種類はそれなりにとれているので、目いっぱい入っているより見やすいとの意見もありました。ありがとうございます。
河川敷には、水たまりが広がっています。
土手を下りて、川に行くまでに靴の中に泥が目いっぱい入ってしまいます。
ズボンも泥だらけです。川に入ってまずやる事は、靴とズボンを洗うことです。
a20200719-7.jpg
この日、朝から高校生が見に来ていました。
魚がとても好きな人で、魚を捕りたいと来たのですが、今日は、とにかく魚がいないので、一緒に入ってもらうのをやめました。次の機会を作りたいと思います。
できなくてごめんなさい!!
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏の生きもの調査は、熱中症にならないように緑の多い公園にしました。
時間も9時から11時までと短くして、暑さを避けるようにしました。
ここは、いつも手入れをしている場所です。よく観察しているところでもあるので、わかっている生きものも多いが、あまりわからない人もいるので、手を抜かずに観察して記録をしました。
集合は、中央広場です。
a20200713-1.jpg
調査区域を階段のある場所で3つに分割して記録しています。
一番南の公園部分をA区域として記録します。
中央広場から公園入口に向かいます。
入り口広場と一周して調査します。
アジサイのある階段を下の道路に降ります。
この階段は、区域の区切りではなくA区域の中です。
a20200713-6.jpg
下の道路部分の調査を終えて、階段を登り中央広場へ戻ります。
この階段は、A区域とB区域の境になります。
中央広場で水分補給をし、調査を行いました。
ここから、東上線寄りの北側に向かっていきます。
ここは、高台側のもう一つの公園入口まで調査を行いました。
ここは、モミジがきれいな遊歩道ですので、モミジ坂と名付けてあります。
a20200713-10.jpg
ここから、下の道路へと階段を下ります。
この階段がB区域とC区域の境目になっています。
階段下の道路に降りての調査ですが、時間がないのでC区域はあきらめて、南に戻って、階段を登り、中央広場に戻りました。
この結果は、少し時間をいただいてHPに掲載します。
まだ、全部のところの掲載ができていませんが、HPをご覧ください。
http://kappa-no.net/eco-shiki/Fikimonotyousa/ikimonotyousa.html
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月12日にこもれびのこみちの手入れを行いました。
いつものように、あずま屋から公園入口に向かってゴミ拾いや通路に伸びた枝切を行った。
公園入口付近にオニユリが咲いています。
これは、ムカゴで増えていきます。
a20200712-2.jpg
敷島神社裏の道を通って、あずま屋に戻りました。
a20200712-3.jpg
あずま屋の前の池にはトンボが飛び回っていました。
シオカラトンボです。
メスです。
a20200712-4.jpg
オスです。
a20200712-5.jpg
少し大きめのアカメガシワがあります。
a20200712-6.jpg
斜面林の中にハグロトンボがいました。
胴体が、まだあまりきれいではありません。
a20200712-7.jpg
これは、柳瀬川で撮ったハグロトンボです。
ヤゴは、細長く、柳瀬川でもよく捕まります。
ハートマークを背負っているのは、エサキモンキツノカメムシです。
交尾をしていました。
a20200712-8.jpg
アオスジアゲハも交尾していました。
a20200712-10.jpg
斜面林は、新型コロナの関係と雨てしばらく手入れをしていなかったので、荒れ放題の状態です。
毎年咲いているキツネノカミソリは、一つも見れませんでした。
ここ数年、少しづつ増えていたんですが、残念ですね。
今日も、斜面林の手入れはせず観察だけで終わってしまいました。
ちょっと力を入れないといけないな。
何とかしにといけないな!!!
ミズキの実が沢山成っていました。
a20200712-12.jpg
4月下旬頃に真っ白な花が咲きます。
池の表面が、花びらで埋め尽くされます。
この写真は、2015年の時のものです。
もっと表面が真っ白になります。
来年4月下旬から5月上旬に見に行ってください。
a20200712-13.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月11日(土)に柳瀬川の美化活動を行いました。
朝から、いつ雨が降るか分からない状況でした。スマホで雨雲の様子を見ると10時前頃には雨が降る気配。しかもどしゃ降りの雨になるような雲でした。早めに終えて帰ろう。
ハルシャギクが咲いているのを見つけました。
a20200711-1.jpg
このハルシャギクですが、辺り一面ハルシャギクのお花畑みたいな時がありました。
外来植物ですが、ここまでくるときれいでした。
2015年6月に行った柳瀬川ウォッチング(今の生きもの調査の様なもの)の時の写真です。
クリックすると写真は大きくなります。
a20200711-2.jpg
この辺りは、沢山の漂着ごみがあるところですが、梅雨が長引いていて、やや増水している状態では、下流までゴミが流されてしまっているようです。
a20200711-3.jpg
皆でゴミを拾っている様子です。

a20200711-6.jpg
なぜか、このカルガモは、近づいても逃げません。
カメラを向けても落ち着いています。パチリ
a20200711-7.jpg
河川敷は、水たまりになっています。
集めたごみをみんなで分別します。
分別が終わるころから大粒の雨が降り出しました。
カッパを持ってきている人が多いもののびっしょり濡れて帰った人も。
a20200711-10.jpg
(青木明雄)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前日の雨は、深夜まで続き、水が溜まっていないか心配になっていましたが、大丈夫でした。
作業中少しぱらつきましたが、何とかぬれずに済みました。
階段下に幟旗を立てて作業開始です。
いつもの通り、入り口付近から伸びているオオブタクサを抜いていきます。
オオブタクサを抜いたところが通路の様になっています。
これは、9月のカヤネズミの巣をさがそうのイベントの通路となります。
a20200707a-2.jpg
ベテランの皆さんばかりです。

a20200707a-5.jpg
今日、取り進んできたところも新しい道になりました。
a20200707a-7.jpg
私の取り進んできたところを振り向いてみました。
いい道になりました。
a20200707a-6.jpg
ここも取り進んできたところを振り返りました。
a20200707a-8.jpg
もう太くなってしまったオオブタクサもありますが、これは、まだ若いですね。
でも、こんなに伸びています。
a20200707a-9.jpg
カヤネズミの巣です。
この時期は、繁殖期です。
作ったばかりなので、そっとしておきましょう。
この辺りで見つけることが多いです。
a20200707a-11.jpg
今日のメンバーです。
大変ですが、地道に続けることが大事です。
30分毎に休憩時間をとります。これでもキツイ時はキツイです。
無理なくやる事が続けられるコツです。絶対無理しません。
a20200707a-10.jpg
今日は、12,000本です。
継続は力なり、きっときれいなカヤ原にしてみます。
a20200707a-12.jpg
今日の新河岸川の様子です。(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月5日に西原ふれあい第三公園の手入れを行いました。
今日のメインは、アジサイの花がら摘みなどの手入れです。
集合場所で、アカメガシワの実が少し目につきましたのでパチリ。
a20200705-1.jpg
ホウズキも実をつけていました。
a20200705-2.jpg
作業開始です。
西原ふれあい第三公園入口まで行くと、遠くから目に入ったのは、ベンチに行儀よく座っている空き缶です。
a20200705-3.jpg
ゴミ拾いの後は、アジサイの手入れです。
まだ全部は取り切れていませんが、ある程度できたところで、終わりにします。
コウガイビルを発見。動いているのを見ていると意外と早い。
頭の形が特徴です。
名前の由来は、髪飾りの笄(こうがい)に由来するらしい。
a20200705-7.jpg
次は、遊歩道のガクアジサイの手入れです。
今日は、アジサイの手入れが中心でした。
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ