活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨年、このいろは親水公園「ヨシ・オギ群落保全地」にて、2回のイベントを行ないましたが、この場所を「カヤッ原」という様に、少し親しみを持って呼ぶことにしました。
この場所で今年も、「カヤネズミの巣をさがそう!」と題して、イベントを行ないました。

a20151004-8.jpg

昨年は、ここに迷路を作って遊んだのですが、カヤネズミが住んでいることもあるのと、迷路づくりが大変なこともあり、やめました。
今年のメニューは、矢投げ遊び、虫さがし、カヤネズミの巣さがしを行ない、最後にマシュマロバーベキューを行ないました。

集合時間に合わせて、参加者が大勢集まってきました。
ここで、挨拶、説明に加えて、カヤネズミの紙芝居を行ないました。
この紙芝居で、ちょっとしたアクシデントがありました。
内緒にしておこうかとも思いましたが、来年の為にも、書いておきます。
紙芝居は、通常、絵の裏にセリフが書いてありますが、会場に持ってきたものが間違っていて、裏には何も書いて無い物でした。
これを見たスタッフの目は、シロクロ!頭は真っ白!
結局、作者のアドリブとなりましたが、皆さん、楽しんでくれました。

a20151004-1.jpg a20151004-2.jpg

このあと、3グループに分かれて、それぞれのイベント会場を回っていきます。
私は、矢投げを担当していましたが、小さい子から大きい子まで楽しんでくれたと思います。
最後のグループには、矢の材料(ヨシ・オギ・セイバンモロコシ等)の刈取りから自分で作ってもらったりもしましたが、来年は全グループに作ってもらおうと思います。

a20151004-3.jpg

マシュマロバーベキュー用のコンロは、七輪と折り畳み式軽量タイプのバーベキューコンロです。
早めに火を点けて、着火剤の臭みを抜いてい置きます。

a20151004-4.jpg

集合写真です。
人数が多いので、写真に写っている人の判別が難しいです。

a20151004-5.jpg

全体での挨拶も終えて、お楽しみのマシュマロバーベキューですが、子供たちの中には、13個食べたとかの声も聞こえてきました。

a20151004-6.jpg

会場には、柳瀬川水族館も設営して、見てもらいました。
この水族館は、たびたび行ないますが、とても人気があります。

a20151004-7.jpg

マシュマロバーべキューを楽しみながらの流れ解散にしました。
参加いただいた皆さん、来年またお会いしましょう!
スタッフの皆さん、大変お疲れ様でした。来年も頑張りましょう。

このイベントに先立ち、通路の草刈を9月29日(火)に行ないましたが、皆さんに楽しんでもらい、良かったと思います。
(青木明雄)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9月23日(水)に西原ふれあい第三公園の手入れを行ないました。
アジサイの花殻は、ほとんど摘み取って剪定をしてありますが、中央の広場のところの部分がまだ済んでいません。
この辺りのアジサイとその他の木の剪定作業を行ないました。

a20190923-1.jpg a20190923-2.jpg

この後、同じ遊歩道の先ですが、両側に伸びている枝の刈り込みや、木に覆い被さっているヤブカラシの除去を行ないました。

a20190923-3.jpg a20190923-4.jpg

手入れが終わり、とてもスッキリしました。

a20190923-5.jpg

(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春と秋に志木の自然観察を行なっています。
秋の観察会を9月20日に行ないました。
集合場所は、旧村山快哉堂前です。旧村山快哉堂の前にムラサキシキブがありました。

a20150920-1.jpg a20150920-3.jpg

中州から新河岸川との合流手前の柳瀬川を観察します。
対岸のオオブタクサは、ちょっとした竹藪の様になっています。

a20150920-4.jpg

今回は、柳瀬川の方から回っていきます。

a20150920-5.jpg

柳瀬川を眺めた後、こもれびのこもちのところを見て回りました。

a20150920-6.jpg

あずまやから土手に上り、斜面を観察して、宮戸橋まで歩いていきます。
斜面から湧き出ている湧水の流れのところに、ツリフネソウが咲いています。
この花は、茎の先端に片方が開いた漏斗状の花がいくつも吊り下げられて咲いています。
口が開いてる方と反対側は、管を巻いたような感じになっていて、ここに蜜が沢山溜まります。
この蜜を吸う為には、漏斗状の花の奥深くもぐりこみ、長い口を差し込む必要があります。
マルハナバチの中でも非常に長い口吻をもつトラマルハナバチが花粉を背中に付けて運んでいます。
1年草です。

a20150920-7.jpg

この斜面林をエコシティ志木では手入れしています。

 a20150920-8.jpg

斜面林を過ぎて、道端にハナトラノオが咲いていました。

a20150920-9.jpg

コサギのポーズがいい感じなので、写真を1枚。

a20150920-10.jpg

宮戸橋付近で「はさがけ」を見つけました。
最近は、機械による乾燥がほとんどですが、時々見る事があります。
天日干しの方が、いろいろ利点があり、農家が自家用に行なっているようです。
他の農家で、伺いましたが、
・ゆっくり乾燥するので、割れ粒発生や味の低下が少ない。
・穂の形が残ったままなので、後熟が進む。
・省エネルギー。
等のメリットがあるそうで、見直されているようです。

a20150920-11.jpg

ルツボが咲いていました。
花にとまっているのは、ヤマトシジミです。普通に見られるシジミチョウです。

a20150920-17.jpg a20150920-12.jpg

宮戸橋で折り返して左岸を戻ります。
大分戻った地点ですが、オニグルミの木です。
もう、落ちてくる時期のようです。

a20150920-13.jpg a20150920-14.jpg

この土手から昭和の土手の間には、ヨシやオギが生い茂っており、この中でカヤネズミが生息しています。
まだ、ここでの写真は撮っていません。
先日、東松山のこども動物園で撮ってきました。可愛いですね。

a20150920-15.jpg

更に戻り、通称三日月湖の土手にヒガンバナが咲いていました。
とまっているのは、キアゲハです。

a20150920-16.jpg a20150920-18.jpg

この後、富士下橋左岸のあずまやにて解散しました。(青木明雄)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9月19日(土)に柳瀬川生き物ウォッチングを行ないました。
この季節になると、バッタがかなり目立つようになってきます。
これは、トノサマバッタです。

a20150919-1.jpg

セグロセキレイも久しぶりに見ました。
正面からの顔も可愛く撮れました。

a20150919-2.jpg a20150919-3.jpg

セイバンモロコシが沢山花を咲かせていました。
セイバンモロコシは、アシやオギに比べると、やや乾燥したところに生える為、土手の斜面を中心にびっしりと生えています。
これはこれで、きれいだと思う人も多いと思いますが、この植物は、外来植物で、1945年頃から広がった植物です。日本在来の植物に大きな被害を与えていますが、我々だけの力では、抜き取り駆除できる状況にありません。
この写真は、川岸付近ですが、この河川敷も、水を被る回数が少なく乾燥していることから、かなり生えています。

a20150919-4.jpg a20150919-5.jpg

コゴメカヤツリです。この草は、是非虫眼鏡でよく見てほしいと思いました。
今回、メンバーの人の虫眼鏡で見させてもらいましたが、本当にお米のようでした。

a20150919-15.jpg

この黄色い花はイヌキクイモです。
昨年、キクイモを農産物直売所で買ってきて、食べてみましたが、シャキシャキした感じで、それなりにおいしかったです。
花は、そっくりです。
これは、食べた事はありません。

a20150919-6.jpg

ヒガンバナが草むらで咲いていました。
ここ数年ですが、どなたかが土手に植えているようで、大分咲いているのを見かけます。
昔は、墓地に良く見かける花でしたが。

a20150919-7.jpg a20150919-8.jpg

川の中には、沢山の魚が泳いでいました。

a20150919-9.jpg

最近、あまり見かけなかったのですが、この日は、トビが飛んでいました。
珍しいです。

a20150919-10.jpg

今年は、いきもの図鑑のプロジェクトが始まっており、植物はじめ、いろいろないきものの観察に熱心です。

a20150919-11.jpg

アキアカネが帰ってきました。
アキアカネは、夏の暑いときには、高地の気温の低いところで過ごします。
これは、活動時の体温が10~15度近く外気温より高くなるため、この辺の夏の気温に耐えられなくなる為なんです。
通常は、10月頃に戻ってきますが、9月に入り、かなり涼しくなってきたためと思います。
アキアカネはナツアカネとそっくりですが、横から見た胴の縞模様が僅かですが違います。
ナツアカネは、移動しないため、この辺では、ずっと良く見かけます。
アキアカネと間違える人が多いです。

a20150919-12.jpg

いつも、この河童の目線で写真を撮っています。
今回は、水の量が多く、落ちないように撮りました。

a20150919-13.jpg

アカボシゴマダラという要注意外来生物(外来生物法)です。
この蝶は、埼玉県では、20年ほど前に見つかり、関東の他の県でも見つかるようになりました。この写真のものは、中国の亜種で、人為的に放蝶されてしまったものです。
この蝶は、幼虫期にエノキの葉を食べるので、同じ食性のオオムラサキ・ゴマダラチョウ・テングチョウなどが影響を受けます。
昨年は、国蝶でもあるオオムラサキの観察に10回近く生息地に行って羽化するところを撮影しようとしましたが、失敗しました。
連絡を受けて、2時間かけて行ったんですが、飛び立ってしまいました。
今は、そろそろ落ち葉の中なので、来年また見に行こうと思います。
志木市内にもエノキはあるのですが、オオムラサキが見れないのが残念です。
大きくて、きれいな蝶です。
成虫は、クヌギ等の樹液しか食べません。樹液があれば、木の高いところでも見れますし、低い根元でも見れます。
このアカボシゴマダラは、市内で多く見るようになりました。

a20150919-14.jpg

この後、水谷田んぼに行きましたが、ブログはここまでにします。(青木明雄)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9月13日(日)に西原ふれあい第三公園の手入れを行ないました。
この日は、ミツマタが多くある所の入口からの遊歩道の手入れを行ないました。

セスジスズメの幼虫を見つけました。
この特徴は、わき腹にある7つの目玉模様とお尻にある尻角です。
見慣れてくるときれいですね。
尻角は、これで刺すわけではないので心配いりません。
ヤブカラシの葉を食べていますが、今回は、ミツマタやアジサイ等を覆っているヤブカラシを取り除いています。

a209150913-1.jpg

この道の両側に飛び出ていたミツマタをきれいに刈り込みました。
ミツマタに覆い被さっていたヤブカラシもきれいに取り除きました。
ヤブカラシは、枝垂桜にも巻き付いて覆っていました。

a209150913-2.jpg a209150913-3.jpg

ヤブカラシに交じって、カラスウリも巻き付いていました。
赤くなってきてきれいですね。

a209150913-4.jpg

手入れが終わり、公園中央のところまでの遊歩道は、きれいですね。

a209150913-5.jpg a209150913-7.jpg

エコシティの幟旗は、作業場所の近くに立てておきます。
ヒガンバナは、公園中央の休憩所にも咲いていました。

a209150913-6.jpg a209150913-8.jpg

公園に入る正面の入口からの遊歩道もきれいに手入れしました。
この道の途中の右側のアジサイも手入れが終わりました。
きれいに掃いて終了です。

a209150913-10.jpg a209150913-9.jpg

(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9月6日は忙しかった。
午前中にカヤッ原で、オオブタクサの抜取を行ない、午後はいきもの図鑑の現地見学会を行ない、夜は、いきもの図鑑の推進会議を行ないました。
いきもの図鑑の現地観察会は、西原ふれあい第三公園です。
集合場所のところの木にキノコがありました。
今年は、雨の日が多く、天気が心配でしたが、何とか降られずに始まりました。

a20150906pm-1.jpg

公園の中の遊歩道を観察しながら歩いていきます。

a20150906pm-2.jpg 

メンバーが何かを見つけました。
オオミズアオです。羽根がまだしっかりと広がっていないようです。

a20150906pm-3.jpg a20150906pm-4.jpg 

更に進んでいくと、また何かを見つけ、撮影会の様になっています。
手に持っているのは、セスジスズメの幼虫です。

a20150906pm-5.jpg a20150906pm-6.jpg 

この辺には、ウマノスズクサがあります。
このウマノスズクサには、ジャコウアゲハが卵を産み、幼虫がこの草を食べます。

a20150906pm-8.jpg

湧水路では、子ども達がザリガニを取って遊んでいました。

a20150906pm-7.jpg

東上線の線路側から見た公園の斜面林です。

a20150906pm-9.jpg

この後は、志木駅方面に向かって歩きましたが、雨が降ってきました。
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ