活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4月20日にいろは親水公園で、志木の自然観察(春)「五感で感じる川のまち志木」を行いました。昨年は、同様のイベントを柳瀬川と水谷田んぼで行いましたが、今年は、初の試みになりますが、市役所下流に整備された新河岸川と柳瀬川の合流点周辺で行いました。
集合場所は、いろは親水公園中州ゾーンにある旧村山快哉堂前です。
裏側の公園の中には、合流点から下流の野鳥の観察用施設があり、皆さん覗いていました。

a20140420-1.jpg a20140420-2.jpg

村山快哉堂の脇を流れる柳瀬川を観察。
新河岸川と比べると、流れが速く、透き通っており、川底まできれいに見えます。

a20140420-3.jpg a20140420-4.jpg

新河岸川を渡り、いろは親水公園右岸ゾーンを見て歩きます。
ここには、新河岸川舟運と引又河岸について案内板を見て、いろは親水公園こもれびのこみちを公園入口から歩きます。

a20140420-5.jpg a20140420-6.jpg

あずまやのところには池があり、鯉やカルガモがいます。
たくさんのヒキガエルのオタマジャクシを見つけました。

a20140420-7.jpg a20140420-8.jpg

この後は、富士下橋を渡り、いろは親水公園左岸ゾーンに入ります。
この富士下橋から下流の部分が「ヨシ・オギ群落保全地」となっていて、夏には、背丈以上にも成長します。
またここには、外来植物のオオブタクサが沢山繁茂し、5メートル近くの高さになる為、ヨシやオギが被害に合っています。私たちは何とか、ヨシ・オギ群落の保全を進めていきたいと考えています。
ここには、小さなカヤネズミが生息していることも、昨年の調査で分かっていて、何とか今年は、写真に収めたいと思っています。みんなで、春の花、オオブタクサやヨシ・オギの状況観察をしながら歩いて回りました。

a20140420-9.jpg a20140420-10.jpg

左岸ゾーンを歩いて、旧村山快哉堂で、この日回ってみて、五感で感じたことのチェックシートに記入して、解散となりました。この結果は、集計して、報告します。

a20140420-11.jpg

(青木明雄)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
西原ふれあい第3公園の斜面林は「にしはらの森」と言います。
最近、市の表示板ができました。

a20140412-5.jpg

この日は、この斜面の手入れの日です。
昨年の今頃も行ったんですが、東上線に並行している道路の端にあたる部分のヤブランの刈込を行いました。
新しい芽を刈り取らないように注意して、昨年伸びた葉だけを刈り取っていきます。
幸い、今年の芽はあまり出ておらず、高さを確認して、カマで刈り込めましたので、割と早く仕上げられました。

a20140412-2.jpg a20140412-3.jpg

刈込が終わって、壁面を見てみると、モッコウバラがもう少しで咲くところでした。

a20140412-4.jpg a20140412-11.jpg

そういえば、桜は、大分散ってしまったんですが、この公園に入ってくるところの、シダレザクラは、まだきれいに咲いていました。残念ながら帰る頃には、大分散ってしまい、写真をあえて撮るような状況ではなくなってました。
あっという間に散ってしまうんですよね。

a20140412-1.jpg

この森の中でも、花が良く咲いています。
ミツバツツジにアセビです。
ミツバツツジはきれいですね。市内でもこの花は、とても目立ちます。
私も好きな花で、我が家も満開です。
次がアセビです。
この花は、割と長く咲いていてくれますね。大きな木に一杯花を咲かせると見事です。

a20140412-6.jpg a20140412-7.jpg 

これは、オオアラセイトウです。
この花も外来種なんです。
ただ江戸時代に観賞用として入ってきて、野生化してどこでも見られる花ですが、花の期間が長く、1か月近く楽しめます。
中国名はショカッサイと言い、日本でも同じ名前で呼ばれています。諸葛孔明が軍隊の食料の為に栽培させたと言われていますが、実際のところは別のものだったと言う人もいます。さらに、別名として、ムラサキハナナ、ムラサキハナといいます。
この花をダイコンノハナと言う人もいますが、別の花の正式名でダイコンノハナがありますので、この花をダイコンノハナと呼ばないように注意されているようです。
この花の花言葉もいいですよ。

知恵の泉、優秀、熱狂

です。この花言葉は、大好きで、この時期の挨拶の時にもよく使わせてもらっています。
オオアラセイトウに力が入ってしまいました。

a20140412-8.jpg

以前に、こういう斜面林では、上から折れた枝が落ちてきたら危ないと言う事で、買っておいたヘルメットを始めて使ってみました。みなさんお似合いですよ!これで安全です。

a20140412-9.jpg

ジャコウアゲハのエサとなるウマノスズクサが、芽を出している。
ウマノスズクサには、毒があるが、ジャコウアゲハこれを食べても死にません。
それどころか、その毒が体内に蓄積されていきます。
ですから、ジャコウアゲハを鳥が食べると、その毒にあたってしまいます。
そんなことから、この毒で身を守っており、鳥に食べられることなく飛んでいます。
賢いですね!

a20140412-10.jpg

(青木明雄)




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨年は、いろは親水公園の「ヨシ・オギ群落保全地」の観察を行いましたが、今年は、いよいよ保全作業実施の年です。
本格的な保全作業に先駆けて、現地の状況調査を行いました。

a20140406-1.jpg a20140406-2.jpg

現場は、まだ、オギやヨシといった背の高い植物は目立たず、春の野草が沢山花を咲かせていた。

a20140406--3.jpg a20140406-15.jpg
a20140406-6.jpg a20140406-9.jpg

イタドリもかなりの大きさになる植物ですが、食べられるので、食べてみた。やっぱりかなり酸っぱい。
そして、誰かが、摘んではみたものの小さすぎたのか、摘んだノビルが捨てられていました。

a20140406-10.jpg a20140406-11.jpg

そんな中で、ヨシやオギが顔を出しているのを見つけました。
よく見ると、大分、芽を出しています。
オオブタクサに負けないように育ってほしいものです。

a20140406-4.jpg a20140406-5.jpg

土手の上からも観察して、本日の下見は終了しました。

a20140406-13.jpg

この日は、桜が満開でとてもきれいな花見もできました。

a20140406-8.jpg a20140406-14.jpg

(青木明雄)






 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ