活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斜面林の手入れをしていると、いろいろな生き物に出会います。

これは、草木の間から出てきた、カナヘビです。(5月21日)
カメラを向けていると、暫くはじっとしてくれましたが、全身を撮る事はできませんでした。

a20130528-1.jpg

次は、クビキリギスです。(5月25日)
秋に見かけるバッタの様な色ですね。
調べてみると、人目に付くのは珍しいバッタの様です。

秋に羽化して、冬を越して、夏ごろまでに一生を終えるようです。
本来は夜行性で、夜のなるとジーッと鳴いていて、オケラと間違える人も多い様です。

そして、この名前ですが、顎が強く、人の指等に噛み付くと引っ張ってもはなさず、首が抜けてしまうそうです。
そこから、この名前が付いたようです。観察する為、羽根をもって捕まえてみましたが、かまれなくて良かった。
当然、あとは逃がしてやりました。

a20130528-2.jpg

最後に、蟻地獄です。(5月21日)
この周りに、いくつかのアリ地獄がありました。

a20130528-3.jpg

斜面林には、いろいろな生き物が済んでいますが、大事に見守ってやって下さい。(青木明雄御)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5月26日 この日は、忙しかった。
午前中は、いろは親水公園のこもれびのこみちの斜面林の手入れ。午後1時半からは6月2日の「身近な川の一斉水質調査」の事前打ち合わせに参加。
そして、16時からが、今月16日から7回に亘って行う「水辺応援団養成講座」の準備のための状況調査を行いました。調査結果を元に、9日に準備としてコドラト作りを行います。
柳瀬川の河川敷きの状況です。

志木中学校の土手から河川敷の入り、高橋に歩いていきました。
草丈もかなり高くなり、もうすぐ背丈を超えそうです。高橋の近くは、カラシナの花が満開でした。

a20130526b-1.jpg a20130526b-2.jpg

アレチウリの状況を確認しながら歩いていて、思ったほどアレチウリは多くないように感じました。
昨年の大作戦の効果があったと思いたいが、夏になるまでは、気を抜けません。

高橋を過ぎると、アレチウリを多く見かけます。
昨年、手入れができなかったあたりです。
高橋の近くで、アカザとシロザを見つけました。

a20130526b-3.jpg

高橋を過ぎたあたりから折り返して、志木大橋に向かいます。
柳瀬川左岸の土手です。右岸と異なり、茶色く枯れた様な草で覆われていました。

a20130526b-4.jpg

富士見橋から東上線のガードの先までは、浚渫工事が終わり河川敷の整備を行っています。
この結果、どんな植物が生えてくるのか気になってます。

a20130526b-5.jpg

東上線のガードから志木大橋はアレチウリは少なく、ヨシがかなり茂っていました。

a20130526b-6.jpg a20130526b-7.jpg

今のところ、コドラトは志木中と高橋の間にあるカッパの少し下流に作る事で、考えています。
今回の調査の途中で見かけたものを写真に撮ってきました。

ちょっとびっくりしたんですが、コスモスが咲いていました。
そして、矢車草の花も発見。

a20130526b-8.jpg a20130526b-14.jpg

モンシロチョウがかなり飛んでいましたが、近くで見てみると、羽根が傷んでるものもかなり見かけました。
これは、きれいな羽根でした。

a20130526b-9.jpg

ノビルの球根とムカゴです。もう芽が少し出てきてます。

a20130526b-10.jpg a20130526b-11.jpg

ミコシガヤとヤセウツボです。
ミコシガヤは花穂を御神輿にたとえての命名の様です。
ヤセウツボは寄生植物で、寄生した食物の栄養を吸い取って生きています。

a20130526b-12.jpg a20130526b-13.jpg

カヤツリガヤが河の流れの中に生えていました。

a20130526b-15.jpg

志木大橋で、予定の18時、志木中学校の土手に自転車を置いてあるので、志木大橋から自転車のところまで歩いて帰りましたが、空も少し夕空になり、この日の調査は終了しました。(青木明雄)













 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5月26日にこもれびのこみちの斜面林の手入れを行いました。
この日もいつもと同じように、ゴミ拾いチームと斜面林手入れチームに分かれて作業を行いました。

斜面林手入れのチームもあずまやからこもれびのこみちを歩いて、邪魔な枝とか草が無いか見て回り、気持ち良く歩けるように手入れしていきます。

グミの実がきれいでした。
写真は全てクリックすると大きく表示されます。

a20130526-1.jpg

敷島神社の裏の道も一通り見て、斜面林も手入れしていきます。
ゴミを投げ込まれないように、柵の内側は1~2m程きれいに刈り込んでおきます。

上の道を一通り見て回り、再びあずまやに戻ります。
5月1日に、池の土手側に大きく伸びたイタドリを刈りこんでおきましたが、今回も、大きく伸びてしまっているイタドリ等を刈り取りきれいにしておきました。

池には、志木柳瀬川ロータリークラブの皆さんが18日に植えたコウホネの花が咲いていました。

a20130526-3.jpg

コウホネは、スイレン科の植物ですが、葉も花も水面に浮かばずに立ち上がり、水面より浮きあがっています。
コウホネの根は、川底に横たわり、太くて、まるで人間の背骨に似た形をしています。
この形から、”河骨”という名前が付いたんですね!
この池も、今年は黄色い花で楽しめそうです。

この池には、池の脇から出る湧水が流れ込んいます。
6月2日に、身近な川の一斉水質調査があり、エコシティ志木では、市内の8カ所の地点の水質調査を行います。
この遊水も水質調査の対象にしてます。

a20130526-5.jpg

今回も、薄暗くなっている斜面の手入れを行いました。

a20130526-2.jpg

シロダモの新芽がきれいでした。(青木明雄)

a20130526-4.jpg




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
柳瀬川には、アレチウリが蔓延っていて、昨年は、11回も暑い中で駆除作戦を行いました。

a20130519b-7.jpg a20130519b-8.jpg

そんな中で、これをなんとか美味しく食べれて、地元の皆さんが抜いて食べてくれて撲滅できないかといった冗談めいた話から、今年は、まだ芽が出たばかりの若い苗を食べてみる事にしました。

a20130519b-9.jpg a20130519b-2.jpg

エコシティでは、川のイベントの時も含めて度々様子を見に行っており、新芽を生で食べて味見をしてきましたが、今回は調理して試してみました。

a20130519b-3.jpg a20130519b-4.jpg

結構、美味しく食べれますね。
美味しく食べて、外来植物駆除ができたら素晴らしいですね!

a20130519b-5.jpg a20130519b-6.jpg

他の野草もいくつか食べてみました。
緊急の場合の食糧は、かなりありそうですね!
また、やってみましょうか!(青木明雄)





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19日は、柳瀬川ウォッチングの日でした。
この柳瀬川ウォッチングの活動は、川の中と土手及び周辺の野鳥観察に分かれて活動します。

私は、この1年は川の中で活動してきました。

川の活動は、ゴミ拾いからです。
川の状況によりますが、見た目にも汚い程、ゴミが溜まっている事があり、大半の活動がゴミ拾いに充てられる事もしばしばで、1時間以上かけて拾う事もあります。

今年度から、鳥を観察するメンバーも、最初に15分程、河川敷のゴミ拾いをする事になりました。
今回は第1回目。少しづつ軌道に乗ると助かります。

暫く前から、特に川のゴミ拾い等に於いては、「川の国応援団活動中」のこの旗を、川に入るあたりに立てています。

RIMG0283-1.jpg a20130519-2.jpg

この日も、川で作業をしていたら、この旗を目印に下りてきて、川を覗いている人がいました。
狙った通りの効果です。うれしいですね。

土手から見ているだけでなく、草丈が高くなってますが、川を覗いて欲しくて、この旗を調達しました。
うれしいですね。
次は、長靴履いて入ってきて下さい。
ゴミ拾いも手伝ってくれるとうれしいです。川の中はゴミがいっぱいなんです。
このきれいな川を見て、アユだけではなく、市外からも身に来てくれる人が増えるといいですね!

川は、きれいにしないときれいにならないんです。

だいぶ、魚が元気に泳いでました。
魚の捕獲調査では、まるまるとして元気なヌマチチブが2匹と大きな海老も取れました。

a20130519-3.jpg a20130519-4.jpg
a20130519-1.jpg

来月は、6月2日に身近な川の一斉調査を行います。
市内8カ所の水を採取して、水質調査を行います。

今年は、志木中学校の皆さんが手伝ってくれる予定になってます。
志木市役所に9時集合ですので、興味のある方は是非参加して見て下さい。作業は午前中一杯です。
どなたでも参加できます。無料です。
志木市の川と遊水の水質を自分の目で確かめませんか?

次回の柳瀬川ウォッティングは、6月16日です。
どなたでも参加できます。ゴミ拾いの後は、川で魚や昆虫捕りで楽しみましょう。

費用は、200円/家族(会員・中学生以下は無料)
会員募集中です!(青木明雄)






 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
NPO法人エコシティ志木では、4月に、いろは親水公園が、新たに都市公園としてオープンした事を機に、富士下橋下流の左岸にあるヨシ原の景観をいかに保全するかという調査を毎月定期的に行う事にしました。
その第1回目の調査・観察を5月5日に行いました。この日の調査は、8人で行いました。

a20130505-1.jpg a20130505-2.jpg

河川敷に下りてみると、まだヨシ、オギ等の背丈は低く草原の様な状態でした。
ヨシとオギの簡単な見分け方は、葉っぱです。
花にも特徴がありますが、今の時期は葉っぱで見分けます。

葉の幅が狭く中央に筋が目立つのはオギで、葉の幅が広く中央の筋が目立たない方がヨシです。

a20130505-3.jpg a20130505-4.jpg

実は、ススキもオギと同じように筋が目立ちますが、育つ環境が違います。
ヨシやオギは河川敷等の湿地に見られますが、ススキは日当たりのいい山野で乾燥したところに生えています。
また、生え方に違いがあり、ススキは株で生えているが、ヨシやオギは、地面から均等に1本ずつ生えています。
今度、じっくり観察して見てはいかがでしょうか?

ここには、桑の木が多く、沢山実がなっていました。

a20130505-51.jpg  a20130505-6.jpg

既にここまでの写真でも分かりますが、地面はカラカラに乾いていて、水がありません。
水の溜まる溝になっている部分ですらカラカラです。
この環境は、オギとかヨシにとって、好ましくありません。
もう少し、地下水が流れ込む水脈があり、湿っている事を期待していましたが、まるで土埃が舞う乾燥地帯の様な光景です。
このままでは、いずれヨシやオギは別の外来植物にとって代わられてしまうと思われます。

a20130505-8.jpg a20130505-7.jpg

よく見ながら歩いていくといろいろな植物を見る事ができました。
ヘビイチゴとノビルです。
ヘビイチゴはやや湿潤な場所をこのみますが、湿地の中では根が腐ってしまいます。
ノビルは非常に丈夫ですが、少し半日陰の様なところを好むようです。

どちらにしても、ここは、湿地にはなっていなくて、雨の加減等で一時的に湿った状態になる事が想定されます。

a20130505-9.jpg a20130505-10.jpg

ベニシジミが飛んでいましたので、追いかけまわして撮ってきました。
1つは、かわいそうに、羽根が少し傷んでます。
もう1つは、傷んでいません。

a20130505-11.jpg a20130505-12.jpg

更に歩いていくと、ここに水がたまらない理由が分かりました。
この写真は、逆から撮った方が分かりやすかったのですが、この石の部分が、ヨシの群生地からの水抜き用の管になっていて、ヨシの群生地に溜まる水を新河岸川に流し出す施設になっています。
私の立っている下に管が入っていて、特に水の流れを調整する戸も無い事と、管の入り口は一段と低くしてあり、水抜きがよくできる構造になっていました。

これで、ヨシの群生地がカラカラになっている理由が分かりました。
ここを、水が溜まりやすく湿潤が保てる仕掛けにしてやる事が、この貴重なヨシの群生地を守る事になります。
長靴は、全く不要でした。

a20130505-13.jpg

オオブタクサもかなり生えていて、この成長が気になりました。

次回は、6月9日です。
今回の様な発見を考えると、市役所の方と一緒に見て回った方が良かったかもしれませんね。
1か月経つと、ここはどうなっているのでしょう?

どなたでも参加できますので、一緒に見てみませんか?(青木明雄)











 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(5月1日)
いろは親水公園「こもれびの道」斜面林で、手入れの時に集めたゴミがかなり溜まりましたので、分別して、ゴミ出しを行いました。
分別前のゴミと分別後のゴミです。結構あるもんです。
一旦、ビニール袋から取り出して、割れた瓶等で怪我をしないように気をつけながら、可燃ごみ、不燃ゴミ、ビン、カン等に分類して出します。
中身の入ったペットボトルは、中身を出して。傘は、骨とビニールに分解して。
中には、手間のかかるものもあります。車が入って来れるところに、邪魔にならないようにまとめておきます。
このゴミは、市役所に連絡してあり、取りに来てくれる事になってます。

※画像をクリックすると大きな画像になります。

a20130503-1.jpg a20130503-2.jpg

池の道路側の石段の処のイタドリがかなり伸びていましたので、ついでにきれいに刈ってきました。
あっという間に背丈程に伸びているのがあります。作業前後の写真を撮り忘れ、お伝えできないのが残念です。

この池の斜面にミヅキが池を覆うように花を咲かせており、この花弁が池の水面落ち、真っ白になっていました。
これだけの花弁が池で腐って行くと、水質にもあまり良くないかもしれませんね。
花はとても綺麗なんですけど。

a20130503-4.jpg a20130503-3.jpg

土手には、もうアオスジアゲハが飛んでました。
チョウは、あちこち飛び回るので、写真を撮るのが難しい。
今回は、運よく撮る事が出来ました。
是非、写真をクリックして大きな画像で見て下さい。

a20130503-5.jpg a20130503-7.jpg

もう一か所の斜面の西原ふれあい第三公園のゴミ出しは、先月18日に行いました。
分別後のゴミの写真です。

a20130503-6.jpg

5月の斜面林手入れの日は、

西原ふれあい第三公園       ⇒ 5月11日(土)、5月25日(土)
いろは親水公園「こもれびの道」  ⇒ 5月26日(日)

です。
どなたでも参加できます。お誘い合わせの上、ご参加ください。
草の伸びが早い時期ですので、とても助かります。(青木明雄)






 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ