活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3月25日(日)
埼玉県「水辺再生100プラン合同完成イベント」

0325kawa100.jpg

平成20年度から埼玉県がすすめていた「水辺再生100プラン」が完成したことを記念しての合同イベントが、志木市内の新河岸川水辺再生現場で開催されました。
エコシティ志木は、出前水族館、事例発表、現地ツアーで協力しました。

0325numatitibu.jpg
「柳瀬川出前水族館」の人気者ヌマチチブの「吸盤はりつき芸」

0325kitamiirihi.jpg
現地ツアーでの案内先のひとつ「北見圦樋」
江戸時代に造られ、明治32年に煉瓦で改修された、堤防から水を排水し、洪水の進入を防ぐための水門。

0325hune.jpg
舟下りで有名な長瀞から助っ人の舟は大人気。後ろの建物は志木市役所

新河岸川にも船着き場が整備されました。志木・宗岡の舟で花見をするのが夢です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3月20日(火・祝日)
新河岸川ぶらり散歩(6)
朝霞水門から北赤羽まで

25名の参加者とともに東武東上線「朝霞」駅からバスでスタート。

0320asakasuimon.jpg
前回までの到着点「朝霞水門」からが本日のコースです。

0320sibarabasi.jpg
朝霞水門から下流の新河岸川は、新しく掘削された区間で、上流と趣が異なり直線で人工的な護岸が続きます。

0320miduka.jpg
清水家(北区・浮間2丁目)の水塚

浮間地区には古くから自然堤防上に集落があり、現在でも昔からの宅地はさらに土盛りで高くなっているのがよくわかります。その中に、2メートル以上もありそうな石垣の上に古い倉が建つ水塚が今でも清水家に残されています。

0320saketen.jpg
浮間4丁目の「水塚商店」

さらに住宅街を歩くと、「水塚商店」という酒屋がありました。
「このあたりには、昔からみんな水塚があったんです。ほら、水がすぐでるから。『水塚』はうちの屋号です。近所にあった酒造屋から酒樽の蓋をもらって看板にしています」
お店の写真を撮っていたら、中からおばちゃんが出てきて親切に教えてくれました。もっと話したかったのですが、メンバーはすでに先に行っているので後ろ髪を引かれる思いで後にしました。

0320ukimahunato.jpg
浮間渡船場跡の供養塔群のひとつ「馬頭観音座像供養塔」

隅田川の3.5メートルほどもあるカミソリ堤防に沿って北赤羽駅に向かう途中、浮間渡船場跡の供養塔群がありました。
ワイワイと見学していると、近くの家から奥さんが出てきて「中に入って皆さんでお茶でもいかがですか」と声をかけられました。
先ほどの「水塚商店」といい、今回といい、東京下町の人情は思った以上に深いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ