活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月24日(日)
おとなとこどもの自然塾「お魚と遊ぼう」

お魚と遊ぼう

参加者、19家族(おとな20名、こども24名)、スタッフ、12名(志木市立教育サポートセンター所長、新河岸川連絡会事務局2名を含む)で、柳瀬川の川渡りや魚捕りを楽しみました。
黒目川から投網の達人も参加し、アユ(最大16cm)やスズキ(12cm)、ボラも見ることができました。
今日はなぜかテナガエビはゼロでした。

そのときは水面にばかり気をとられていましたが、あらためて写真を見ると、川の風景とワイルドな雲空がすごく迫ってきます。
都会の中で自然と戯れることのできる幸せ、な、ワンショットです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月17日(日)
柳瀬川ウオッチング

柳瀬川

親子が飛び入り参加してくれました。
魚をさがしていましたが、ふと、カルガモの親子を発見。
仲良くなろうと近づくも、カルガモたちは賑やかに遊びつつ、微妙な間合いを保ちながら遠ざかっていきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月3日(日)
第2回目の水塚の文化研究会開催

水塚の文化

12名のメンバーが集まり、第2回目の研究会を開催しました。
調べたことを報告したり、これからの活動について提案があったりしました。
9月には、千葉県の関宿城博物館を訪問します。
川と人々のくらしについていろいろ学べそうで楽しみです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月3日(日)
放課後こども教室「リンクス」の子ども達と父母、約30名が柳瀬川に集まり川あそびを楽しみました

リンクス

1時間ほど手網で魚捕りを楽しみました。
そのあと、採れた魚やエビなどの品評会(?)です。
リンクスの子ども達は、触るのが大好き。
テナガエビやオイカワ、ヌマチチブなどの手触りをたっぷり楽しんでいました。

上の写真は、エコシティ志木のスタッフが採った50㎝ほどのナマズを触りまくって「ヌルヌル」感を確かめているところです。

終了後、へとへとになった魚たちは、命からがら川に解き放たれました。
貴重なこの体験は、子ども達の原体験となって、将来かならず役に立つことでしょう。
そして、柳瀬川や身近な川がもっともっときれいになる原動力になる! かな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月2日(土)
大東文化大学の学生さんと高島第六小学校の生徒さんで川の学習会

大東文化

大東文化大学環境創造学部(板橋区)の学生20数名と、その学生たちがボランティアで課外活動のお手伝いをしている高島第六小学校の生徒8名が、柳瀬川にあつまりました。

柳瀬川の石にくっつく水棲生物を調べたり、パックテストで水質を調べたり、網で魚などを捕ったりしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ