活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1月24日(日)
11名の調査員で中宗岡の市之瀬さん邸を訪問しました。

たかくね
市之瀬邸は、江戸時代初期に築造された新河岸川に沿った堤防に接しています。「堤防の法面(のりめん:堤防の斜面のこと)がうちのところだけ無くなっている」とのことで、堤防が築かれた当時、すでに堤防と同じ高さのが築かれていたことを示唆しています。
明治43年(1910)の大水害時には、水塚の屋根を破って避難した、ということを先代から聞いているそうです。

水塚の周囲は「たかくね」と呼ばれる、背の高い生け垣で囲まれています。「これは、風よけのためで、この地域独特のもの。これと同じ構造のものが、志木駅東口のバス停の場所にシンボルとして造られている」とのこと。なるほど

牛梁
「現在は物置となっている」という、水塚の中も見学させていただきました。
「水塚はその性格上、高くなくては役目を果たさないが、強い風の影響を考えると構造上は低い方がいい」というわけで、「避難するために2階部分も必要だが、あまり高くできない。それで『牛梁合掌』といって、丸太のままの太い梁を渡して2階部分の低い天井でも窮屈に感じられないように工夫してある」そうです。
そういえば、他のお宅の水塚もだいたいこのような構造になっていました。
さすが、工務店を経営する市之瀬さん。この構造が『牛梁合掌』ということを初めて知りました。
[毛利]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1月17日(日)
柳瀬川・野鳥&川の生き物ウオッチング

イタチ
今年の正月明けは珍しく風邪をひいて寝込んでしまい、今回が私にとって初の柳瀬川詣でとなりました。
野鳥チームは10名でスタート。
柳瀬川のシンボルとも言えるカモたちは激減しているものの、カワセミやイカルチドリ、ジョウビタキなどの常連とともにオオタカにも会え、まずまずのお出迎え
そして、最後にはイタチも姿を披露してくれ、さいさきのいい初ウオッチングとなりました
[毛利][イタチの写真は松田さん撮影]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
志木まるごと博物館「河童のつづら」のホームページが下記のアドレスに移転しました。

http://kappa-no.net/

お手数ですが、リンクなどのURLを変更の上、今後もよろしくおねがいいたします。[ウキゴリくん]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ