活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10月18日(日)
柳瀬川・野鳥&川の生き物ウオッチング

コサギ
さっそく獲物を狙うかわいらしいコサギに迎えられ、初秋の柳瀬川ウオッチングをスタートしました。冬の使者・コガモとオナガガモ、マガモにも会えました。
しかし、全般的には鳥が少ないです。柳瀬川はどうなっちゃったんでしょうか。

アユ
富士見橋から川面を覗くと、アユが群れて泳いでいました。というわけで、釣り人は着実に増加しつつあります。

オオタカ
寂しかった本日のウオッチングのラストに、エキサイティングな色を付けてくれたのがオオタカとカラスのバトル。4~6羽のハシブトガラスが執拗にオオタカを追い続け、自然界の厳しさを観察者一同じっくりと堪能いたしました。[毛利]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10月11日(日)

案内人
志木のまち案内人の会は、昨年の「志木いろは市民大学」で、筆者が企画した講座の修了生が立ち上げた会です。
まだできたてほやほやの会ですが、志木市文化財保護審議会会長の神山さんの熱心な指導のおかげもあり今後の活動がとても楽しみです。
本日は、コース設定ためのの下見を兼ねた勉強会でしたが、早速、市内の小学校から案内の依頼があったようですよ。[毛利]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10月4日(日)
本日は調査員14名と志木市教育委員会の職員2名で、6軒のお宅を訪問しました。

細田正-水塚
明治38年に建てられた細田家の水塚です。
水塚の入り口は「富士の吹き下ろし」や台風の風向きを考慮して辰巳の方角(東南)に造られているとのこと。「富士の吹き下ろし」という言葉は初めて聞きましたが、ご存じの方はいらっしゃいますか?

細田正-舟
細田家の舟です。長さ5m弱で、昔のままの状態で納屋に吊されていました。この他に、田の作業をおこなう「田押し舟」もありました。

水塚
明治23年に建てられた、内田家のレンガ造りの水塚です。
東京駅や赤坂離宮の建設に使われたレンガを生産した日本煉瓦製造会社が、渋沢栄一により深谷に設立されたのが明治20年。まさに当時最新の建築資材を使っています。
14代目当主により、現存する「外倉」「内倉」と呼ばれる2棟の水塚や母屋が保存改修され、私設博物館という印象をもちました。

細田市蔵-水塚
大正12年の関東大震のときに崩れ、建て替えられた細田家の水塚。
明治43年の大水害時には、母屋の神棚の下まで水がきたそうです。昭和16年の洪水では、荒川の土手に避難し一晩過ごしたという体験談も伺いました。
「田んぼの土をモッコで担ぎ上げて『ジンギョ』をした」と、水塚の土盛りのことを「ジンギョ」と表現されていました。この言葉は他のお宅でも聞きました。[毛利]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ