FC2ブログ
活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「『たたき』は、このあたりで採れる粘土に塩かにがりを混ぜてつくってある」
9月6日に水塚調査でうかがったある旧家で聞きました。
この「たたき」は食べられません。蔵の土間のことです。

そういえば「たたき」は確か「三和土」と書くはずと思い出し、帰宅後早速インターネットで検索。便利な世の中になったものです。

「『たたき』って何か、というと『土間』のことです。なぜ、『三和土』と書くかというと土と苦汁(にがり)と石灰の3つを混ぜて使うからです。」
[もく(木)の会のHPより]
http://www.mokunokai.jp/activity/tataki1.htm

さらに[Yahoo!百科事典:中村仁氏執筆]によると、「たたき」は、「三和土」の他に「叩き」「敲き」とも書いてあります。

なるほど、なるほど。

宗岡地区の荒川堤外では良質の粘土質の土(荒木田土)が採れたようで、この土が三和土や壁土、瓦や煉瓦の原料として「売れた」そうです。
「土ににがりを混ぜてよく叩いて」土間や水塚の土盛り、庭としたとのこと。

ちなみに、1680~1710年頃に書かれたと推察されている江戸時代の農書『百姓伝記』(ワイド版岩波文庫、古島敏雄校注 2001より)にも「土間」について書かれている部分があるので以下に引用します。

土座(土間)をば、へな土・ねば土(粘土質の土)を以こねつけ、ぬるべし。五穀のこき・こなしを土座にてせねば、はかゆかず。庭、やわらかにしては、穀物にごみ・あくた・土の落入らぬようにすべし。

以上、「たたき」情報でした。[毛利]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ