活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6月10日に西原ふれあい第三公園の手入れを行いました。
アジサイがきれいな時期になりました。

a20170610-1.jpg a20170610-2.jpg

遊歩道の木も、この時期はよく伸びます。ここを通る人が歩きやすいように手入れをしました。

a20170610-6.jpg a20170610-3.jpg

前回のブログでも書きましたが、公園玄関付近の竹が大分生えてきましたので、何本かう柔らかいうちに切ることにしました。
柔らかいうちに切るのは、楽です。

a20170610-4.jpg a20170610-5.jpg

ドクダミは、アチコチで広がって咲いていました。
好き嫌いもありますが、これも自然かなと思います。

a20170610-7.jpg

作業をしながら、観察もしています。
今日は、コナラとクヌギの違いが話題になりました。
この幹は、クヌギです。
よく見ると、虫がとまっていました。

a20170610-8.jpg

今、エコシティ志木で作成中の図鑑で探してみると、載っていました。
ヨコヅナサシガメでした。

a20170610-9.jpg

<青木明雄>

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5月28日にこもれびのこみちの手入れを行いました。
公園の入り口には、つつじが咲いていました。
入口から入ると、かなり草が生えています。

a20170528-1.jpg a20170528-2.jpg

階段を登って、敷島神社の裏のこみちを歩いていると、モグラの跡がありました。
いきもの図鑑としては、生きたモグラの写真がほしいところですが、ちょっと無理のようです。

a20170528-3.jpg a20170528-4.jpg

遊歩道に落ちてる枝を処理するため、従来の土留めを補強する形で処理しました。

a20170528-5.jpg

池に通じる階段を下りていきます。

a20170528-6.jpg

湧水と池の間の水路には、沢山のキショウブが生えていました。
この水路は、以前、これらのキショウブの抜き取りを行ったんですが、もうビッシリです。

a20170528-7.jpg

もうすぐ水質調査を行う為、水源近くを片づけました。

a20170528-8.jpg

このあとは、少しうっそうとしてきた斜面林の中の手入れを行おうとしたところヒキガエルを、見つけました。

a20170528-9.jpg

作業をするのに、足もとにいると踏みつけてしまうので、土手のブロックの隙間に移動しました。

a20170528-12.jpg

斜面林の手入れとしては、アオキやシュロの伐採を行います。
この日も、場所を決めて手入れを行いました。

a20170528-10.jpg a20170528-11.jpg

富士下橋の近くで、草刈り機を見つけました。

a20170528-13.jpg

<青木明雄>



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5月27日の西原ふれあい第三公園の手入れの様子です。
いつも、先ずは公園玄関まで行ってから、戻るようにゴミを拾いながら手入れをします。

a20170527-1.jpg

今年も沢山の竹が生えてきました。
どういう分けか落ち葉をかたずけてあるところには、特に沢山生えてきました。

a20170527-2.jpg a20170527-3.jpg

ミツマタは付け根のところから切らないと、芽が出てきません。
昨年は、かなり気を付けてきてみました。沢山の眼が出てきました。
うまくいってます。

 a20170527-5.jpg a20170527-4.jpg


公園中央の様子です。
梅の木も柿木も大分枝が伸びてきました。
垂れ下がっている部分を中心に枝を落としました。

a20170527-6.jpg a20170527-9.jpg

この辺りにはドクダミが咲いていました。
独特のにおいがあります。

a20170527-7.jpg

ここからの遊歩道についても、枝が伸びてきたものは、刈り込みました。

a20170527-10.jpg a20170527-8.jpg

ススキを残して、草むしりを行いました。

a20170527-11.jpg

<青木明雄>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5月20日(土)に、今年初めてのカヤネズミ原っぱでの外来植物駆除を行いました。アシやオギは、もう私の背丈以上になっていました。

a20170520-1.jpg

先ずは、いつものように、一周回ってカヤネズミ原っぱの観察を行いました。

a20170520-2.jpg

ここ数年のエコシティー志木での積極的な取り組みにより、かなりオオブタクサが減ってきました。当初は、オオブタクサを抜いてもあまり効果がないといった声も聞こえましたが、先が見えないくらいの抜き取り作業に取り組んできて本当によかったと思っています。思った通りに成果が出ていると確信しています。クワの実も、木によって大分差がありますが、かなり赤くなってきて、おいしくいただきました。

a20170520-3.jpg

オオヨシキリも大きな声で鳴いていました。昨年は、オオヨシキリの数が少なく感じましたが、今年は、たくさん来ています。これもオオブタクサ駆除の効果でしょうか。楽しくなります。

a20170520-4.jpg a20170520-5.jpg

今回は、刈込がされている昭和の堤防側を行いました。とても暑い中での作業になりました。

a20170520-6.jpg

a20170520-7.jpg

a20170520-8.jpg

一方、5月13日(土)に予定されていた柳瀬川の美化活動と外来植物駆除は、雨の為中止となりました。(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5月14日(日)に「志木ニュータウン中央公園」において、「志木おやこ劇場子どもまつり」が行われ、

a20170514-4.jpg


「柳瀬川出前水族館」を出展しました。

a20170514-5.jpg

既に捕ってある魚だけでは足りないため、朝8時から柳瀬川で、魚と虫を捕ることにしました。

a20170514-1.jpg


前日の雨による増水の影響もあるのか、なかなか捕れませんでしたが、何とかヌマチチブ、テナガエビ、ドジョウ、ウキゴリの幼魚、カダヤシなどを捕り、水槽に加えることができました。

a20170514-6.jpg a20170514-2.jpg

この出前水族館は、子ども達ばかりでなく、お母さんやお父さんにも人気があります。皆さん驚くのは、「そこの柳瀬川で捕れたんですか~!」ということです。いつも見慣れた、こんな身近な柳瀬川に、魚がいて、簡単に、朝捕ってきて、この水槽にいるという事に、皆さん驚きます。

a20170514-3.jpg

いつまでも、水槽から離れようとしない子どもや親たちには、また6月18日(日)に、志木中学校前の土手で、柳瀬川水族館を開くことを伝えながら、イベントカレンダーを渡して、PRをしました。

a20170514-7.jpg


私も、エコシティ志木の事業の中で、この柳瀬川水族館は好きな事業の一つです。最近少し魚が減ってきたのが気になります。今年も出展してよかったと思います。(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前日の西原ふれあい第三公園に続いて、今日もここの作業としては、4人の新しい人が参加してくれました。
そのうちの1名は、前日も参加してくれたしてくれた新入会員です。天気も良く気持ちのいい斜面林の手入れになりました。

a20170423-1.jpg

いつもと同じように、こもれびのこみちの水路から公園入口にでて、階段を上り、敷島神社裏のこみちを歩いて、マンションの先まで、ゴミ拾いと、両脇の植物の様子を見ながら歩いて、手入れしていきます。

a20170423-2.jpg

こもれびのこみちにもシャガがきれいに咲いています。

a20170423-3.jpg

そして、階段を下りてあづま屋に戻ってきます。特に大きな問題はなく、戻ってきました。

a20170423-4.jpg

最初に通ったこみちは、こんな感じになっています。チップを敷いて間もない為、きれいです。

a20170423-5.jpg

池にはたくさんのオタマジャクシが生まれて泳いでいました。
これは、以前紹介したヒキガエルのオタマジャクシです。

a20170423-6.jpg

このあと、土手に登るとヤマブキがきれいに咲いていました。

a20170423-7.jpg

更に、少し先の斜面林の中で、常緑樹のアオキやシュロの刈り込みを行いました。
以前から、この辺に、かなり蔓延ってしまった為、早く、刈り取りをやりたかったので、みんなで、ここの刈り込みを行いました。
刈り込みに、集中していたので、写真を撮るのを忘れました。 (青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4月22日に西原ふれあい第三公園の手入れを行いました。
新しい参加者が2人入ってくれました。

先ずは、いつものように、入口まで行ってから手入れを始めます。
ゴミ拾いと草刈りを始めました。

a20170422-1.jpg

この時期は、タケノコが盛んに生えてくる時期で、タケノコ採りに来る人も多いんです。
落ち葉を処理するところからも、ニョキニョキ生えてきてました。

a20170422-2.jpg

ハナニラが、アチコチで白い花を咲かせていました。
スギナの中で、咲いていました。

a20170422-3.jpg

これは、ナナミヒナゲシです。
外来種で、最近はあちこちで見かけ、蔓延っています。
今年は、この西原でも、かなり目立ってきました。
ナナミヒナゲシは、一つの鞘から1500粒の種ができ放出されます。
1本からは、なんと15,000個の種が放出されますので、とても増えるんです。
もっと悪いことに、この植物が作る化学物質が、他の生き物に影響し、他の生き物がやられてしまうようです。
見た目は、きれいだと喜ぶ人も多いと思いますが、少し抜くことにしました。

a20170422-4.jpg

八重桜の花は、満開でした。

a20170422-5.jpg

今年は、このシダレザクラの下で、お花見を行うことにしていたんですが、出来ませんでした。
もう、終わってしまいましたね。

a20170422-6.jpg

公園の中の遊歩道です。

a20170422-7.jpg

公園真ん中の隅にシャガが咲いていて、きれいでした。

a20170422-8.jpg

林の中を歩きました。

a20170422-9.jpg

新しい人の参加で、今日の作業は、ほとんどやらず、観察会になってしまいました。

a20170422-10.jpg

モッコウバラ、もう少しです。

a20170422-11.jpg

(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
~河原と樹林の春を訪ねる~
と題して、4月16日(日)に志木の自然観察(春)を行いました。
柳瀬川駅のサミット前円形広場に集合して、柳瀬川土手にでて、観察を始めました。
この時期になると、たくさん来ていた冬のカモたちも、北に戻っていってしまいました。

a20170416-1.jpg a20170416-2.jpg

これまで、河川敷の観察の際には、刈り残してある水辺の草の手前の河川敷に降りて、観察しながら歩きますが、今回は、水際の方を歩いて観察しました。ここからだと、川の流れの様子もよくわかります。また、意外といろいろな植物も生えていれ、春の観察会としては、なかなかいいです。

a20170416-3.jpg a20170416-4.jpg

志木大橋の手前は、砂利が沢山堆積しています。
志木中の前にも、以前は、たくさん砂利が溜まって、中洲ができていたんですが、上流の工事や浚渫工事などで、中洲もなくなってしまいました。こうした砂利が沢山溜まっているところで、半分水に浸かったりしている石をひっくり返すと、小さな川の虫がついています。これらの虫も捕って観察しました。

a20170416-5.jpg a20170416-6.jpg

志木大橋の上から下流の富士見橋方面の眺めです。

a20170416-7.jpg

橋を渡った左岸の様子です。
高く盛り上がった土が、浦所線の脇に見えます。この手前には、民家があったんですが、最近無くなりました。
この土の部分は、武蔵野台地を削って、浦所線ができた様子を残しています。
家もなくなったこともあり、その内、平に削られてしまうことでしょう。

a20170416-8.jpg

又、志木大橋を戻り、志木ニュータウンの中を歩き、西原ふれあい第三公園を見に行きました。

a20170416-9.jpg a20170416-10.jpg

西原ふれあい第三公園は、まだまだいろいろな花が咲いていてきれいです。
ハナモモのピンクが目立ちます。

a20170416-11.jpg a20170416-12.jpg

斜面林の中にも入り、春の草花を観察しながら、解散となりました。

a20170416-13.jpg

(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4月から柳瀬川ウォッチングをやめました。
柳瀬川ウォッチングの代わりに、今年は、いきもの図鑑も初稿版の作成に着手したこともあり、何回かに分けて、
市内の生き物調査を行うことにしました。そこで、柳瀬川ウォッチングの最初に行っていた河川敷のゴミ拾いを、他のイベントと一緒に出来ない月は、ゴミ拾いだけを行うことにしました。作業時間は、30分です。その最初の美化活動です。
天気は、とてもよく気持ちがいいです。

a20170415-1.jpg

河川敷には、あまりゴミがなくてきれいです。

a20170415-2.jpg

土手を走っていた子供が風にでも飛ばされたのでしょうか?

a20170415-3.jpg

水際には、何かと上流から流れ着いたゴミが、結構ありました。
この日は、私を入れて3人で作業を行いました。

a20170415-4.jpg

(青木明雄)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3月20日(月・祝)2回目の柳瀬川ぶらり散歩を行いました。
集合場所は、志木駅南口です。集合時間の30分前には、手旗を持って参加者を待っていました。
集合時間の8時50分が近づくに従い少しずつ参加者が集まってきました。

a20170320-1.jpg

9時5分発の所沢東口駅行の西武バスに乗り、安松中学校入口でおりました。
和田南公園が実質的なスタートポイントです。
ここは、ちょうどアカバッケの少し上流の武蔵野台地の上にあります。

a20170320-2.jpg

狭い急な階段の歩道をおり、柳瀬川に向かいます。
かなりの段差です。

a20170320-3.jpg

小金井街道の清瀬橋から、柳瀬川信号寄りのところで、小金井街道を渡り、新柳瀬橋を渡ります。
この写真は、柳瀬川と旧空堀川(今は、柳瀬川)との合流点を、橋の上から撮ったものです。
以前は、この合流点が、大きな落差があるところでしたが、今は、段々になっており、それぞれの落差が小さくなっています。
今は、もう少し上流側で、柳瀬川と空堀側が合流し、そこからが柳瀬川となっています。

a20170320-4.jpg

両柳瀬川に挟まれた場所は、住宅地となっています。この住宅地の中を、上流の合流点まで歩きます。
この対岸は、大きな木の林となっていて、いい自然の景観が残っています。

a20170320-5.jpg

ここが、空堀側と柳瀬川の新しい合流点です。
右が、柳瀬川で、左が空堀側です。
堤防の高さで、通常は柳瀬川は、ここには流れてきません。増水してくるとここから流れてきます。

a20170320-6.jpg

清瀬せせらぎ公園をホタルの飛ぶ雑木林まで歩き、カタクリを見てきました。

a20170320-7.jpg a20170320-8.jpg

空堀側、普段でも水がほとんどない川ですが、この時期は、全くなくなるので、工事が行われていました。

a20170320-9.jpg a20170320-10.jpg

川の様子を見ながら、更に上流に向かって歩いていきます。

a20170320-11.jpg

a20170320-12.jpg a20170320-13.jpg

空堀川をj離れて、秋津駅から柳瀬川に戻ります。
自然の雑木林が残された淵の森の中を歩きます。

a20170320-14.jpg a20170320-15.jpg

アズマイチゲが咲いていました。

a20170320-16.jpg

ここで、カワセミをじっくり見た人もいました。

a20170320-17.jpg

淵の森をでて、上流の橋から更に上流側と淵の森側を見たところです。

a20170320-18.jpg a20170320-19.jpg

草野心平さんが、この辺りに住み、名付けたという「光あまねし」の碑が立てられている。
この下の、柳瀬川の流れです。

a20170320-20.jpg

a20170320-21.jpg a20170320-22.jpg

曼荼羅淵です。江戸時代にこのがけ下に河童が住んでいたといわれるところです。

a20170320-23.jpg

オナガがたくさん飛んでいました。

a20170320-24.jpg a20170320-25.jpg

外来種のペラペラヨメナだそうです。

a20170320-26.jpg a20170320-27.jpg

この橋で、川を見るのを最後にして、西所沢駅に向かいました。

a20170320-28.jpg a20170320-29.jpg

(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ