FC2ブログ
活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
西原ふれあい第3公園の一番奥にあたる東武東上線側に、公園手入れの為の物置を置いてあります。
ここの公園隣が大分変ってきました。古い家が取り壊されて整地されました。
ここに数件の住宅が建つそうです。
広く整地されたところにニワトリがいます。今は、広くて気持ちよさそうですが、住宅ができるとどうなるのでしょうか?
いつものように、公園入口まで行って、ゴミ拾いから始めました。
この辺りのアジサイも、まだ手入れができて無く花ガラが付いているものがあり、切り取ってやりました。全体的に手が回っていないのが実情です。
a20181020-3.jpg 
ジョロウグモも大分大きくなってきました。
この大きなメスの周辺を見てみると、とても小さなオスがいます。
最後には、大きなメスに食べられてしまいます。
a20181020-4.jpg
中央の広場の様子です。
かなり秋らしくなってきました。
カキの実もたくさんなっていました。
a20181020-5.jpg a20181020-6.jpg
シダレザクラのところにススキがあります。
今回ここも、少し手入れしました。
ススキの花もきれいに咲いていました。
a20181020-7.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 9月23日(日)に、いろは親水公園のカヤネズミ原っぱで、「カヤネズミの巣をさがそう!」を行いました。あいにく前日土曜日の予定だった市内小学校の運動会が、天気が悪く日曜日となったため、キャンセルがあいつぎました。当日は、あまり暑くもなく、イベント日としてはとても良かったです。
先ずは、開始時の集合写真とセレモニーを行い、恒例のカヤネズミ原っぱの紙芝居を行いました。
a20180923-1.jpg a20180923-2.jpg
参加者は3グループに分かれて、3か所のイベント会場を順番に回ります。
ここは、ゲームで遊ぶコーナーです。
今年は、お宝釣りと矢なげです。
みんな簡単に釣っていましたので、来年は難しくしようと思います。
a20180923-3.jpg
続いて矢なげです。
みんな一生懸命なげてくれました。
a20180923-4.jpg
カヤ原の中に、迷路のような狭い通路を作ってあります。
この通路を歩きながら、お宝さがしやオオブタクサの抜き取り体験を行いながらカヤネズミの巣を探しました。残念ながら一つも見つかりませんでした。
a20180923-6.jpg
もう一つのコーナーは虫捕りです。
土手の上で虫を捕ります。
虫かごに入りきらずにビニール袋にも入れている子がいました。
a20180923-10.jpg
全部のコーナーを回った後、マシュマロバーベキューを行いましたが、これは子ども達に人気です。
a20180923-7.jpg
終了時の集合写真です。開始時と少し違った表情です。
a20180923-8.jpg
カヤネズミ原っぱの中の小径は、250mほどあります。
2日間で作りました。
a20180923-9.jpg  a20180923-11.jpg a20180923-12.jpg

a20180923-13.jpg a20180923-14.jpg a20180923-15.jpg
皆さんに喜んでいただけたと思います。(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 9月10日(月)に今年最後の外来生き物調査を行いました。
今回の調査は、難波田城公園と富士見自動車道との間です。ここには、広く田んぼが広がり、日陰がありません。当初は、7月に行う予定でしたが、あまりに暑いので最後にしました。
難波田城の駐車場を出て、先ずは周辺の農家の近くから回りました。
コニシキソウが沢山あります。
a20180910a-1.jpg 
真正面の茅葺屋根が、難波田城公園の建物です。
a20180910a-2.jpg
珍しいもの見つけました。井戸です。
a20180910a-3.jpg
オオニシキソウです。
a20180910a-4.jpg 
田んぼの脇にトウキョウダルマガエルがいました。
a20180910a-5.jpg
この辺の田んぼでは、収穫の時期になっていました。
a20180910a-6.jpg a20180910a-7.jpg
モンキチョウが飛んでいました。
a20180910a-8.jpg
続いて、一面田んぼが広がるところの調査を始めます。
アオサギがいます。収穫の残りを狙っているのでしょうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9月3日に外来生き物調査を行いました。
今回は、黄林閣周辺で行いました。
a20180903-1.jpg a20180903-2.jpg
最近、ほとんど見なくなった火の見櫓がありました。
ちゃんと半鐘もあり、梯子も登れるようになっていました。
今でも使える状態になっています。
この辺りは、この写真の左側に浦和所沢バイパスがあります。
また、右側に入ると数件の民家がありますが、その先は水路があり、深い谷のようになっています。
また、正面に進んでいくと関越道があります。
a20180903-3.jpg 
この辺りだけ、あまり建物がなく、畑が広がっています。
畑の中では、写真に写っている家位です。
a20180903-4.jpg a20180903-5.jpg
火の見櫓の先の道を右に入ると数件の家があります。
この一角を回ってきましたが、民家の方から畑の方に戻ってくる辺りは、狭い道の両側に木が茂っていました。
a20180903-6.jpg
畑の中の道を歩きながら、いろいろな野草に合うことができました。
a20180903-7.jpg
畑の中だけではなく、浦和所沢バイパスに出て、並木道や歩道脇の野草を調べました。
この写真は、浦和所バイパスの歩道から、畑のある台地を見たところですが、人の入り込む余地のない斜面の荒れ地になっていました。
a20180903-8.jpg
黄林閣の長屋門の脇の道を登って、柳瀬荘の前の通りに戻りました。ここから車のとめてあるところに戻り、調査は、終了です。
今回は、緑豊富な場所でしたので、数々の収穫がありました。
a20180903-9.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月19日(日)に柳瀬川水族館を行いました。
この日の活動は、彩の国だよりに紹介されましたので、読んだ人が早々と来ていました。魚捕りを行ったり、水族館の準備をしている間に、見に来た人も川に入って楽しんでいました。
a20180819-1.jpg a20180819-2.jpg
10時に集まっていただいて、柳瀬川についての説明を行いました。
a20180819-3.jpg 
いつもより、水位が低いこともあり、魚の種類はあまりとれませんでした。
a20180819-4.jpg
今年最後の柳瀬川水族館でしたが、50人ほどの人が見に来てくれました。
来年、また楽しみにしていてください。(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月11日に西原ふれあい第三公園の手入れをしました。
いつものように、入口まで行ってから戻りながらゴミを拾ったり、伸びた枝の刈り取りなどを行いないました。
a20180811-1.jpg
この画像を見ても、いかに暑いかが伝わりそうです。
a20180811-2.jpg a20180811-3.jpg 
中央の広場では、腰かけて休んでいる人も時々見ますが、さすがにこの日は、人がいません
a20180811-4.jpg a20180811-5.jpg
夏は、ヤブカラシが一気に伸びて、いろいろな木の上まで絡みついています。
a20180811-6.jpg
この階段の脇から湧水が出ています。
今日は、写真のメンバーと私の3人です。
a20180811-7.jpg
ミンミンゼミが盛んに鳴いていました。
a20180811-10.jpg
アブラゼミは、うるさいくらいに鳴いていました。
 a20180811-8.jpg a20180811-9.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月5日に、社協のボランティア3人の参加を得て、オオブタクサの抜き取りを行いました。
場所は、前回と同じ場所で行いましたが。前回抜いた後に沢山のオオブタクサが生えていました。
今年は、人数が少ないこともあり、あちこちのオオブタクサを抜くことをせず、同じ場所で行いました。
a20180805-1.jpg
今年は、例年になく暑い日が続いていますが、この日もかなりの暑さとなりました。
個別の判断での水分補給だけにせず、20分~30分程度作業をして一斉に休むことにしました。
a20180805-2.jpg
この部分については、かなりのオオブタクサを抜き取りました。
a20180805-3.jpg
結局、1時間半程度の作業で終わりにしました。(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月4日(土)に柳瀬川の美化活動を行いました。8月上旬は、1年で一番熱い時期なので、午後3時からの予定としました。ですが、午後3時だと、まだまだ暑く美化活動がやっとでした。集合時間に志木中学校前の土手に行ってみると、大きな切り株がありました。
この木のおかげで、少しは涼しかったのですが、大きな日影がなくなりました。
a20180804-1.jpg
志木中学校前の川の中には、最近いつもアオサギかダイサギがいます。
川に入ると、どこかに行きますが、川から出ると、また戻ってきます。
この日もいました。
a20180804-2.jpg
暑い中で、ゴミ拾いを始めました。
a20180804-3.jpg
草刈りが終わった後のゴミ拾いですが、ゴミが沢山ありました。今まで草の中にあったものが出てきたんでしょうね。
a20180804-4.jpg
これは、どういうことになっているのか、草刈りした草が残っていました。
a20180804-5.jpg a20180804-6.jpg
集めたゴミを分別整理して終了です。
a20180804-7.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
予定では、別の場所の調査を行う予定でしたが、日陰がないところなので、変更しました。
今回は、3次メッシュコード「53396425」のところで、竹間沢こぶしの里周辺にしました。
竹間神社前にある和蔵院の駐車場をお借りして、調査を始めました。
a20180730-1.jpg
この辺りには、畑が広く残っています。
a20180730-2.jpg 
本当は、三芳町歴史民俗資料館の駐車場に停めたかったんですが、月曜日は休館のため、だめでした。
a20180730-3.jpg
近くの畑や空き地の植物を調査していきました。
この作業のいいところは、外来種だけではなく、見つけた植物についていろいろと観察できるところです。
とにかく、調査をするという課題をこなすだけであれば一人でやれば済む作業かもしれませんが、こうやってみんなでやる事がとても大事なことだと思います。
スモモの木の下に、カブトムシが沢山いました。
落ちたスモモが、ジュクジュクになってしまったものに頭を突っ込んでいるのです。
数十匹はいたかと思います。
a20180730-4.jpg a20180730-5.jpg
竹間沢こぶしの里の上までやってきました。
上の遊歩道入り口から入っていきました。
a20180730-6.jpg a20180730-7.jpg
この斜面林の中には、外来種はあまりありません。
a20180730-8.jpg a20180730-9.jpg
ここには、ホタルがいて、毎年鑑賞会が行われています。
a20180730-10.jpg
池の水は、この斜面から湧き出る湧水で、かなりの量があります。
a20180730-11.jpg a20180730-12.jpg
キツネノカミソリが、咲いていました。
見ると、咲き始めのようで、あちこちにツボミの状態のものがありました。
a20180730-13.jpg 
更に先に進み、再度崖の上の出口に出ました。
a20180730-14.jpg a20180730-15.jpg a20180730-16.jpg 
このこぶしの里の上には、鎌倉街道がありました。
この道は、羽根倉橋へと通じています。
再度、斜面理の中に入っていきます。
こぶしの里の遊水は、がけ下を流れて、柳瀬川へと流れて行きます。
がけ下に沿って、湧水が流れており、水路沿いに調査していきました。
崖の部分は、ほとんど私有地となっているので、かなり先の道まで出ないと、崖上には行けません
a20180730-20.jpg a20180730-21.jpg a20180730-22.jpg
木陰がなくなると、かなり暑かった。駐車場に戻り、本日の調査を終わりました。
a20180730-23.jpg
(青木 明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月23日(月)に、外来生き物調査を行いました。
今回は、富士見市の新河岸川右岸です。
富士見市の健康増進センター近くの富士見江川の土手から調査を始めました。
この土手に沿って下流に向かいました。
a20180723-1.jpg
少し行ったところに橋があり、右岸に渡りました。
この富士見江川は、以前はかなり蛇行していたのと、もう少し右岸の先のところを流れていました。
また、この先の新河岸川は、この橋の辺りまで、蛇行をしていました。
ここに鶉河岸場跡があります。当時の水神碑が残っていました。
a20180723-2.jpg a20180723-3.jpg
更に行くと、旧富士見江川の水路と思われる水路があります。
水がほとんどなくなってしまっていますが、ヨシの下にわずかに水の流れが確認できました。
a20180723-4.jpg 
元の道を戻り、再び富士見江川の橋を渡り、上流側を見ると、かなり段差があるのが分かります。
これだと、魚は登れませんね。
a20180723-5.jpg
富士見江川の土手を、新河岸川合流点まで行くと、やっと木陰がありました。
小さな広場になっていました。
木を見ていると、カブトムシを見つけました。
a20180723-6.jpg a20180723-7.jpg 
新河岸川合流点付近からの下流の眺めです。
a20180723-8.jpg
更に歩いて土手から下りて、富士見バイパス沿いの道路を歩きます。
ハリエンジュ(ニセアカシヤ)が富士見バイパス沿いに、沢山生えています。
自然に生えたとは考えにくく、植えたように思います。
a20180723-9.jpg a20180723-21.jpg
この先は、木陰がありません。
熱中症予防のため、こまめに水分補給しながらゆっくり調査を進めます。
a20180723-11.jpg a20180723-12.jpg a20180723-13.jpg
養蜂のミツバチ箱が沢山置かれています。
とても暑く、ミツバチも沢山水を飲みに来ていました。
画像をクリックすると大きくなります。
トウキョウダルマガエルが2匹いました。
a20180723-16.jpg
やっと健康増進センターに戻ってきました。
帰りの車での外気温は、40度になっていました。
この日、熊谷では41度を超える気温を記録していました。
a20180723-19.jpg a20180723-20.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ