活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回は、今月2回目の調査です。3次メッシュコード「53396426」の調査を行いました。
羽根倉浅間神社から調査を始めました。この神社の変わっているところは、狛犬の代わりに狛猿なのです。ここには、富士塚があります。
20170911-1.jpg
この調査では、調査対象の生き物以外に、いろいろな生き物を観察して楽しんでいます。
名前のわからないものを何回も聞きながら観察しています。
境内には、ヒガンバナが咲いていました。
20170911-4.jpg
この苔は、サヤゴケです。
20170911-5.jpg
これもよく見かけることがあると思いますが、ヒロハラアオイガの繭の抜け殻です。
20170911-6.jpg

神社から浦和所沢バイパスを潜ってきました。上宗岡三丁目です。

20170911-2.jpg

ここには、宗岡第二小学校があり、この周辺を調査しました。
小学校横の水路には、オカメザサがビッシリ生えていました。
こもれびのこみちにも生えています。
20170911-7.jpg
その脇でアキニレが咲いていました。
20170911-3.jpg
小学校前の羽根倉児童公園でアカボシゴマダラを見つけましたが、羽根が痛んでました。公園の中を飛び回っていました。
20170911-8.jpg
小学校の周りを回って、公園と反対側に行ってみると、マテバシイが沢山ありました。
20170911-9.jpg
よく見ると、沢山の実を付け、水路にも沢山落ちていました。
20170911-10.jpg 20170911-12.jpg
小学校周辺の調査を終えて、浦和所沢バイパスに沿って、荒川の土手を越えて、堤外を少し調査し、元の神社に戻りました。
20170911-14.jpg 20170911-13.jpg
いくつ写真を撮ってきました。
アレチハナガサとホソアオゲイトウです。
ホソアオゲイトウは、花が咲いています。
いずれも調査対象の外来植物です。
20170911-16.jpg 20170911-15.jpg
ハキダメギクです。ちょっとかわいそうな名前ですね。
これも調査対象の外来植物です。
20170911-17.jpg
昆虫やチョウの写真も撮ってきました。
セスジスズメの幼虫です。
20170911-18.jpg
コハナムグラです。
20170911-19.jpg
ベニシジミです。
20170911-20.jpg
今回の調査でもいろいろと勉強になりました。
今回の調査では、他にアメリカアサガオ、アメリカセンダングサ、イモカタバミ、オオニシキソウ、オッタチカタバミ、キクイモ、コスズメガヤ、コセンダングサ、コニシキソウ、コマツヨイグサ、シマスズメノヒエ、セイタカアワダチソウ、セイバンモロコシ、セイヨウタンポポ、ツルマンネングサ、ヒメジオン、ヒメムカシヨモギ、マルバルコウ、ムラサキカタバミ、ムラサキツメクサ、ユウゲショウなどの外来植物を見ることができました。(青木 明雄)



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今年は、3次メッシュコードで、8区画の調査を行っています。
6月から、毎月1回1区画ずつ調査をしてきました。
このままいくと12月中に終わらないため、9月は、2回行うことにしました。しかも、9月4日は、2区画の調査を行うことにしました。3次メッシュコード「53396415」と「53396416」の2区画になります。とても全部を回れませんので、隣接した2区画の場所を調査しました。
調査は、「53396416」の上宗岡1丁目の宿氷川神社(上ノ氷川神社)から始め、千光寺裏の旧堤防を浦和所沢バイパスに向かって歩いていきました。和光富士見バイパスの工事も始まっています。佃堤の上を歩かず、もう少し先の道を行くことにします。
 
   a20170904-1.jpg

和光富士見バイパスは、浦和所沢バイパスを越えていく形になりますが、その脇に大きなネムノキがありました。調査対象ではありませんが。
a20170904-2.jpg

ネムノキの花と実です。

a20170904-3.jpg a20170904-4.jpg

佃堤と田畑を挟み並行している道を調査します。
この道は、田んぼや畑や林といった緑に囲まれています。
調査対象ではありませんが、溝を隠すほど茂る事から付けられた名前の「ミゾカクシ」が田んぼの脇にビッシリ生えていました。

a20170904-5.jpg 

この他に、田んぼでは、「ミズワラビ」や「エノキグサ」なども見ることができました。いずれも今回の対象のものではありません。

a20170904-6.jpg a20170904-7.jpg

この辺りでの外来植物としては、「ヒメムカシヨモギ」や「オオニシキソウ」などがありました。

a20170904-8.jpg a20170904-9.jpg

このあとは、浦和所沢バイパスに出て、次の調査区の「53396415」に入り、新河岸川を渡り、右岸の土手を少し歩き、旧新河岸川の河川に沿って歩き、東上ガスの裏を通り、袋橋を渡り、また出発地点の宿氷川神社へと戻りました。(青木明雄)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月の定例作業を行いました。
この日は、ゴミ拾い3人、手入れ作業5人の8人で行いました。
あずまやから公園の入り口に向かってこみちを歩きながら手入れしていきます。
このこみちの両側からササなどが伸びてきてしまっているものを刈り取っていきます。

a20170827-1.jpg a20170827-2.jpg

刈り取ったものは、斜面の枯葉などを溜めている土留めのところに片づけていきます。

a20170827-3.jpg

こみちの入口です。

a20170827-4.jpg

入口脇の階段から、敷島神社裏の道も歩きながら手入れをして、刈り取ったものは、斜面の中に片づけていきます。

a20170827-5.jpg

今回は、池の上まで伸びてきた枝をのこぎりで切り、摘めてやりました。

a20170827-6.jpg a20170827-7.jpg a20170827-8.jpg

分かりにくいかもしれませんが、かなりさっぱりしました。

a20170827-9.jpg

(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏は暑いので、この公園に来る人も少ない為なのか、ゴミはあまり落ちていません。
公園入口付近からゴミを拾いながら、中央の広場に行きました。

a20170826-1.jpg

今回は、この広場のアジサイの選定を中心に行いました。
アジサイは、花ガラを全て刈ってしまいますが、そのままだと密集してしまいますので、傷んでしまった枝は、元から切ってしまったり、花の咲いた元の方に枝芽が出ているものは、芽の少し上で切り取って摘めてしまいます。

a20170826-2.jpg a20170826-3.jpg

こんなに伸びてしまったものも、さっぱりしてやります。
切った枝の量もかなりあり、大きな袋に入れて、何度も運ぶことになります。

a20170826-4.jpg a20170826-5.jpg a20170826-6.jpg

(青木明雄)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正式には、「侵略的外来植物県民参加モニタリング調査」と言います。調査は、対象種が指定されていますが、この調査種にエコシティ独自の種も追加して調査を行っています。指定されている種の数は、植物76種と動物22種です。実際の調査で見られるのは、植物中心です。
また、この調査は、3次メッシュコードの区域ごとに行います。今回は、浦和所沢バイパスに沿った北側で行いました。柳瀬川駅東口に集合して車で、下水子ノ氷川神社に移動して、ここから調査を始めました。

a20170822-1.jpg a20170822-2.jpg

神社の中で、先ず目に入ったのは、コニシキソウでした。

a20170822-3.jpg

この神社の裏側は、数年前まで木が覆い茂っていましたが、全部なくなり、住宅になってしまっていました。この辺りの台地からの斜面は、全部住宅になってしまった為、斜面の下の道路に沿って調査を行いました。オオブタクサの群生を見つけました。

a20170822-4.jpg a20170822-5.jpg

少し歩いて生蓮寺に行き、裏側の旧鎌倉街道に出ました。

a20170822-6.jpg

この寺の裏の斜面下からからは、豊富な湧水が出ています。

a20170822-7.jpg

この神社裏から、再び台地の上に出て、更に、浦和所沢脇の道に戻り、更に浦和所沢バイパスに出て調査を行いました。

a20170822-8.jpg

この後、神社に戻り、調査を終えました。(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月20日。今日は、天気が心配でしたが、予報通り、一時は晴れ間も見えてきました。
川の様子です。
この流れの様子を見て、とても危険と思う人がいますが、それは、この川をよく知らない人ですね。
前日は、激しい雷雨でしたが、もうそんなに増水していません。
この川は、雨が降ると一気に増水し、止んでしまえば比較的早く、水位が下がってくれます。
先ずは、川をよく知っていることが大事ですね。
a20170820-5.jpg a20170820-7.jpg
いつもの場所に行ってみると、いろいろなキノコが生えていました。
この中に食べられるキノコは、無いんだろうか?
気になりますね。
これらのキノコは、ここに敷かれたチップの為です。
チップから、沢山のキノコが生えてきているんです。
a20170820-1.jpg a20170820-2.jpg

a20170820-3.jpg a20170820-4.jpg
魚捕りに入る前に、河川敷のゴミ拾いを行いました。
増水して、河川敷まで水が流れたため、植物が、なぎ倒されていました。
ゴミも、ここから流されてしまったり、上流から流れてきたりです。
a20170820-8.jpg
今日は、また、幟旗試作品の確認です。
これは、布で作ったものではないので、常に張っている状態で見やすくなっているつもりです。
色はどうだろうか等確認したかったところですが、まずまず見やすい感じでした。
a20170820-6.jpg

まだ、洋服でいうと仮縫い状態なので、丁寧に扱わないと壊れてしまいます。
よさそうなので、次回には、本使用のものとして持って行きたいと思います。

魚捕りの方ですが、いつもと同じような魚が捕れました。
ヌマチチブ、ウキゴリ、ギンブナ、マハゼ、ドジョウ、シマドジョウ、スジエビ、カダヤシ、メダカなどです。
ちょっと気になっていたギギやギバチは残念ながら捕れませんでした。タモロコやモツゴも捕れませんでした。数は、短時間ですが、良く捕れたと思います。
a20170820-10.jpg a20170820-11.jpg
水族館を覗いてくれた人も、まずまずの人数です。
a20170820-12.jpg a20170820-13.jpg
こんなことをやっているところに、アカボシゴマダラがやってきて、なかなかこの場を離れようとしません。ちょっと指で触れても逃げようとしません。
こんなこともあるんですね。
a20170820-14.jpg a20170820-15.jpg
(青木明雄)






 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は、盆の入りです。
我が家も提灯を飾り、迎え火も終わりました。お墓参りも終えています。
西原ふれあい第三公園の手入れも、作業者は私を入れて4人でした。
なかなかこういう日の作業は、皆さん集まりにくいですね。ご苦労様です。
朝は、比較的涼しかったんですが、作業を始めると汗ダクダクです。
公園入口のアジサイの手入れを中心に行いました。

a20170813-1.jpg a20170813-2.jpg

もうとっくに花は、終わっているのですが、木の下の木陰の部分にまだ一つ咲いていました。
もう一つ、赤紫の色が少し残っているのがありましたが、刈り取りました。

a20170813-3.jpg

今日のメンバーです。
作業も終わり、片づけて、集合場所まで戻ります。

a20170813-4.jpg

コナラの実が少し大きくなってきました。

a20170813-5.jpg

今回、初めて参加していただいたYさんありがとうございました。
また、時間があったら来てみてください。
それにしても、蚊が多くて、虫よけスプレーを使いましたけど、皆さんかなり刺されていましたね。
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近、柳瀬川の土手で、柳瀬川水族館をやっています。
エコシティ志木の幟旗だけだと通っている人が、なんだか良くわからないという問題がありました。柳瀬川水族館の幟旗がほしいとの意見が、皆さんからあり、とりあえずのものを作ってみました。

a20170812-1.jpg

黄色い用紙に印刷してパウチしたものです。
強度の問題とかいろいろあると思いますが、とりあえず、今度、持って行こうと思います。
2個作りました。
布ではないので、ちょっと取り付け等気を付けないといけません。
紐の取り付けも、折りたたむことを考えて取り付けてみました。

a20170812-2.jpg

強度に少し心配が残ります。
取り付け、取り外しは慎重にしたいと思います。
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月6日(日)に、いろは親水公園のカヤネズミ原っぱで、オオブタクサの抜き取り作業を行いました。オオブタクサは、3m以上に成長していて、オギやヨシの背丈よりも高くなっていました。
社共のボランティア体験プログラム「福祉学園」から6名の参加がありました。
この時期は暑いので、直射日光を避け、木の下の周辺での作業にしました。

a20170806-2.jpg

この木は、かなり大きいので、木の下もかなり広いです。
熱中症にも注意をして、こまめに水分補給を行ってもらいました。
太くなったオオブタクサを抜くために、力を込めて引っ張ると、かなり体力を使うものです。
ましてや、力いっぱい引っ張っても抜けなかった時の体力消耗は、大きいものです。

a20170806-3.jpg

来月は、子供たちを集めて、カヤネズミの巣を探せのイベントを行いますが、会場の整備が大変そうです。

a20170806-1.jpg

(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
残念ながら、30日の柳瀬川であそぼうは、天候不順により中止となりました。
雨の為、少し増水していましたが、流れは、前日とほとんど変わっていませんでした。
毎年、川は変化していきますが、川を渡るところは、昨年までは、少し深くなっていて、しかも子供たちが渡れる幅も狭かったのですが、今年は、同じところがほぼ全面的に平となり、かなり浅くなってしまいました。今年は、渡るのには絶好のチャンスでした。来年は、どうなっているのだろうか?

a20170730-1.jpg a20170730-2.jpg

川の流れでいうと、魚を捕る右岸の岸辺は、いつも逆流しています。
上から見て、左岸の流れから右岸の流れも想像してしまいますが、ほとんど流れがなく、逆流しています。子ども達が、魚を捕るには、安全なのですが、淀んだ形になっていますので、ゴミが多く水も汚れがちなんです。今日も、流れがほとんどありませんでした。
折角の機会ですので、生き物図鑑用の魚の写真を撮ることにしました。
少し、いい写真が撮れたようです。
タモロコとモツゴの見分けの勉強にもなったようです。

a20170730-3.jpg

いい写真が撮れている事を期待しています。
今年は、土手の上での柳瀬川水族館を復活させましたが、まだ1回です。
川での活動のためには、川の中をよく歩き回ったり、魚を捕ったりと川をよく知らないといけない。
ちゃんと活動を続けていくためには、少し、新しい人の参加を期待したいところです。
(青木明雄)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ