FC2ブログ
活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前日雨が降っているときに見たときは、河川敷に増水していました。
富士見橋のあたりではまだ水が溜まっていました。
珍しく、この橋のところでキジの鳴き声を聞きましたが姿が見えません。
a20190611-1.jpg
志木中の前から見た上流側です。
a20190611-4.jpg
ここでも、キジの鳴き声がするので、よく見ると対岸にいました。
オスです。メスは見当たりません。
志木中前は前回駆除しましたので、前回の続きから行うことにしました。
土手の上を下流側を進み、階段を下りて河川敷にでました。
河童像のあたりです。
ここでもキジの声がするので対岸を見ると木の下にいました。
これもオスです。
オオブタクサを抜き取りながら下流に進みます。
対岸は、誰も手入れしていないので、オオブタクサもこんなになっています。
すぐ近くのハルシャギクにモンシロチョウがとまっていました。
とてもいい天気になりました。
更に下流に進むと対岸には、アカミミガメが日向ぼっこしていました。
この辺りまでで、オオブタクサはほとんどなくなりました。
今日は、3人で行いました。
(青木 明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
集合場所は、公園奥の東上線に近いところです。
公園入口から集合場所に向かう遊歩道は、両側から枝が伸びてきて、歩きにくい状況になっていました。今の時期は、あっという間に枝が伸びてきます。
公園の中には、ドクダミが沢山目立ちます。感じ方は、人それぞれですが、白い花がとてもきれいです。
a20190609-2.jpg
いつものように、公園入口からゴミ拾いをしていきます。
中央広場に行くと、柿の実がなっていました。
ここで、少し休憩です。
ちょっとちょっとこれなんですか?
どれどれ!!と駆け付ける。
これはいつもの光景なんです。
作業再開ですが、この先の遊歩道の脇から枝が伸びてきていて、普通に歩いていても体に触れます。
伸びてきた枝を選定します。
a20190609-8.jpg
更に舗装されていない遊歩道は、もっとひどくてかなり通りにくくなっています。
今日の作業の仕上げは、ここの剪定と草刈りです。メイン作業となりました。

とてもきれいになって本日の作業は終了。
雨が降らなくてよかった。
今日は、4人でした。
(青木 明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6月4日(火)にカヤネズミ原っぱのオオブタクサ抜き取りを行いました。
作業は、前回からの続きです。
手前からオオブタクサを抜きながら進んでいきます。
抜き取ったオオブタクサは、抜き取ってできた道に放っておきます。
いつものように休憩場所は、桑の木の下です。
これからは、日差しが強くなり、こうした木陰が大切です。
みんなこの休憩時間で甘くなってきた桑の実を口に頬張ります。
いいビタミン補給になっただろうか。
どんなに、夢中になっていても30分ほどしたら、水分補給と休憩をしています。
私が、大きな声で合図をしています。
まだ大丈夫と思っていても、休まないといけません。
もしこのブログを見ていて、参加したいけど大変そうと思っている方がおりましたら、絶対にそんなことはありませんので、安心してください。
夫々の力量に応じてやるだけでいいのです。全体無理しないことです。
安心して参加してください。
作業の様子をいくつか載せておきますので、ご覧ください。
オオブタクサを抜きながら草藪の中に進んでいきます。
抜いた後が道になっています。
9月のカヤネズミの巣をつくろうでも利用したいと思います。
皆さんそれぞれ抜きながら前進していきます。初日からするとかなり進みました。

土手下で抜いたオオブタクサです。
皆さん沢山抜てくれました

2回の途中の休憩を挟み、11時頃終了しました。
この日の抜いた本数は、約11,000本でした。
写真を拡大(クリック)してみてください。
疲れていても、この充実感にあふれる笑顔です。
三脚を忘れましたので、私が三脚になりました。
a20190604-15.jpg
(青木 明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
身近な川の一斉調査は、全国で一斉に行われていて、6月第一日曜日です。
今年は、志木中学校の都合がつかず、エコシティ志木だけでの調査となりました。
6月2日(日)9時に志木市役所の駐車場に集まり作業開始です。
駐車場の壁には、イワツバメが巣を作っていました。
a20190602-1.jpg
初めて参加する人もおり、いろは橋で全員で作業を行いました。
川を見るとツバメが、巣作りの材料として川の泥をとっていました。
ここで取った泥で巣をつくります。
a20190602-2.jpg
橋の上から、バケツで水を汲んで作業を行います。
この時に、先ず気温を計っておきます。
気温を計るときには、できるだけ周囲の影響を受けない形で図る必要があります。
その後、バケツと水を入れる容器を川から汲んだ水で洗います。
これを基本的には3回行ってから水を容器に入れます。
この時に、水温も計っておきます。
前回は、全員で一か所ずつ回り、その場で水質調査を行っていました。
これだと、1時過ぎまでかかってしまいます。
今回は、車3台で分担し、荒川、宮戸橋、志木大橋の水を汲み、その他の自転車組は、その他のところを回ることにしました。
車で回ってくるのも意外とかかり、志木中学校でやる場合も車で汲んできた水が到着する時間が決め手でした。早く手分けして作業するかがポイントです。
私は、宮戸橋の水を汲んできました。
一人なので残念ながら汲んでいるところの写真はありません。
a20190602-5.jpg
汲んだ水は、志木中学校前の土手に集めて、ここで水質調査を行いました。
ここでは、調査項目により調査時間が異なりますが、いろいろなところの水を一斉に図ることで、作業時間がかなり短く進められます。
a20190602-6.jpg
無事、作業が12時頃に終わりました。
この結果は、通信秋号でお知らせします。
(青木 明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9時半に西原ふれあい第三公園の東上線寄りの場所に集合してから、作業を始めます。
いつも、反対側の公園入口まで行き、そこから作業を始めます。
a20190531-1.jpg
入口から中央広場までは、ゴミ拾いや、遊歩道に張り出してきた枝を切り取ったりしてきれいにします。
次は、斜面林の中の道を整備しました。
前回行った作業の続きです。
a20190531-2.jpg
その後は、中央広場より更に東上線寄りに行った公園入口近くの石囲いの中の草刈りを行いました。
a20190531-3.jpga20190531-4.jpg
更に、湧水が湧き出る辺りの邪魔な竹を切り倒し、今日の作業を終わりました。
集合場所の隣では、住宅建設前の発掘調査を行っていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5月28日(火)にカヤネズミ原っぱの外来植物駆除を行いました。
かなりオオブタクサが増えてしまったので、今年は、しっかりと抜取を行います。
抜き取りを続けることで、オオブタクサが減る事は、確実です。
こんなにオオブタクサは伸びてしまいました。
a20190528-1.jpg
前回の続きの場所からオオブタクサを抜いていきます。
オオブタクサが生えているところを抜き取っていくと、こんな道ができてしまいました。
まだ抜き進みます。
ヨシやオギの間のオオブタクサを抜き取っているところです。
いくらどんどん抜きたくとも、適度に水分補給が必要です。
30分経ったら休憩をします。休憩時間のひと時は、桑の実を試食です。
大分甘くなりました。
オオブタクサが群生していたところは、ヨシの茂みの中にぽっかり空いた広場となっています。
a20190528-8.jpg
私が抜き取ってきたところを振り返ると、迷路の道のようになっていました。
a20190528-9.jpg
この原っぱは、2年連続台風で水没し、その後、この2年間はカヤネズミの巣を見つけることができませんでした。うれしいですね!
カヤネズミが生きていました。
皆でじっくり観察し、休憩。
a20190528-10.jpg
大分、オオブタクサの抜き取りが進み、広場になってきました。
a20190528-11.jpg
オオブタクサは、私の背丈を超えました。
あっという間に伸びてしまいます。
a20190528-12.jpg
今日のスタッフは、9人でした。
抜き取り本数は、15,000本でした。
a20190528-13.jpg
お疲れさまでした!(青木 明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5月26日(日)に、埼玉県水環境課主催の川のボランティア体験講座を共催で行いました。
前半は、柳瀬川図書館での座学です。
柳瀬川の源流から新河岸川との合流まで…天田
志木市内の柳瀬川の様子と生き物…青木
マイクロプラスチックの話…埼玉県水環境課
エコシティ志木での活動他…庭野、本間
の話には、皆さんよく聞いていました。
後半は、サミットの裏側から柳瀬川の土手に出て、河川敷に降りました。
今回は、テレビ埼玉の取材があり、カメラマン他のスタッフが同行し、参加者の様子をカメラに収めていました。
河川敷で歩いていると、死んでいる魚をいくつか見ました。
どうも先日増水したときに、河川敷に流れてきて、そのまま川に帰れずに死んでしまったようです。
東上線鉄橋と富士見橋の間の河原に出て水分補給をしながら川の様子を見て少し休憩です。
a20190526b-5.jpg
先日の増水もあり、結構ゴミがありました。
一旦並べてパチリ。
a20190526b-6.jpg
分別したごみを袋に詰めてみると、プラスティックごみが6袋、可燃ごみが5袋、不燃ごみが6袋でした
a20190526b-7.jpga20190526b-8.jpg
袋に詰め終わり、記念写真を撮り、解散としました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まだ5月なのに30度を超える日が続いています。
この日も、朝から暑く、作業にあたっては、十分な水分補給と休憩の確保がとても大事です。
a20190526-1.jpg
志木中学校前のオオブタクサは、志木中学校の生徒による作業により、大分少なくなりました。
午後に、別のイベントが控えていることもあり、あまり移動せず志木中学校前を中心に作業を行いました。しばらく前に見たときには、川岸にかなりあるように見えましたが、それほどなく、30分でほとんど抜き取りました。
30分で休憩をとり、もう少し下流の河童像のあるあたりに移動して抜き取り作業を行いました。
今年は、河川敷にはナヨクサフジが目立ちます。
a20190526-4.jpg
ここのオオブタクサは、大分背が高くなってきていました。
a20190526-5.jpg
この辺りの川の流れは速く、落ちたら大変です。
注意しながら抜き取り、ここも30分足らずでほとんど抜き取ることができました。
午後のイベントの準備もあり、早めに終了しました。(青木 明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近は、このこもれびのこみちの参加者の人数も10名位になりました。
この日も10名での作業になりました。
ありがとうございます。
みんなで、この自然を守りましょう。
作業は、ゴミ拾い組と斜面林手入れ組に分かれて行いました。
a20190519-1.jpg
公園上のマンション前の遊歩道脇に生い茂ってきたササをきれいに刈り取りました。
人数が多いと、あっという間に終わってしまいます。
a20190519-2.jpg
この後、斜面林下流の端のシュロを切り倒しました。
この部分は、ササや木が生い茂るため、中に入る事をこれまでやってきませんでした。
ここに生えている大きなシュロを倒すことにしました。
シュロを倒す前に、ササを刈り取って中に入れるようにしなければなりません。
また、大きなゴミが沢山あり、ある程度片づけないと作業ができません。
大きなものでは、戸板が1枚、網戸が1枚、大きな水槽が3つ、陶器の鉢がいくつかあり、大きな布の敷物などもありました。コンクリートブロックは、斜面林端の足場として置いておきました。
シュロの周りの作業場所を確保して、切り倒し、あまり傾斜はありませんが、土留め風に倒し、刈り取ったササも片づけました。
a20190519-3.jpg
写真でお分かりかと思いますが、前回参加してくれた頼もしい若手も参加してくれましたので、大変助かりました。
a20190519-4.jpg
藪の中にも少し、スペースを作ることができました。
a20190519-5.jpg
ゴミの山を片づけて、この日の作業は終了しました。
家に帰って、汗びっしょりの体をシャワーで流し、午後は、エコシティ志木の総会でした。
大きなゴミを片づけて、気持ちはすっきりです。
皆さんも参加しませんか、初めての方も大歓迎です。
きれいな自然を残していきましょう!!
(青木 明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5月14日にいろは親水公園のカヤネズミ原っぱでオオブタクサの抜き取りを行いました。
最近この原っぱのオオブタクサは、かなり増えてしまいました。
今年は、作戦を強化して、月2回、オオブタクサの抜き取り駆除を行うことにしました。
富士下橋下流の階段から下りて、カヤッ原入口から作業を始めました。
この部分は、いつもオオブタクサで覆われてしまうところです。
まだ、20㎝程度です。
大きくなる前に抜いてしまおう。とにかくたくさんあります。
中途半端にやったのでは、単なる間引きになってしまうようです。
a20190514-1.jpg
柳瀬川にも沢山あった、ナヨクサフジが土手の法面を覆っていました。
こんなにビッシリあるのは初めてです。他の川でもビッシリとなっているのを見かけましたが、なにか最近の気候とも関係があるのだろうか?
カヤネズミ原っぱには、桑の木が何本かあります。
枝を仰いでみてみると、少し赤らんできた実がビッシリとなっていました。
試しに口に入れてみると、まだ甘みはなくあまり味はありません。青臭い感じです。
もう少し待ちましょう。次回の楽しみです。
作業は、十分な休憩時間をとりながら行っていますので、普通の人であれば誰でも作業ができます。
その休憩時間に、植物の観察や、昆虫の観察など、夫々に興味のある時間を過ごすこともできます。
勿論、水分補給はとても大切です。
原っぱの中をもう少し中に進んでみると、オオブタクサの密集地帯がありました。
ここのオオブタクサを抜くと、何もなくなります。
しかも、この辺りは50cmほどにも伸びてしまっています。
とにかく、抜き取ろう。
更に進んでいくと、かなりの背丈になっていました。
今年は、とにかく頑張って抜いていこうと思います。
今日の作業は、10名でした。
a20190514-12.jpg
本当に沢山のオオブタクサが生い茂ってしまいました。
全体からすると、ほんの少ししかできていませんが、コツコツと地道な作業の積み重ねで、この原っぱをきれいなカヤッ原として、将来に残していきたいと思います。
今年も、ここで、こどもたちを集めて、9月22日(日)にカヤネズミの巣をさがそうのイベントを行います。この一歩を少しずつ大きな活動にしていきたいと思います。
この日、抜いたオオブタクサは、約20,000本でした。
次回は、5月28日(火)9時半からです。集合場所は、富士下橋左岸です。
エコシティ志木の幟旗を立てておきます。どなたでも参加できます。
皆さんの参加をお待ちしています。(青木 明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ