FC2ブログ
活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3月17日に西原ふれあい第三公園で手入れを行いました。
隣りの分譲住宅の基礎工事が終わりました。
a20200317-1.jpg
キヅタの実が、真っ黒にビッシリとなっています。
a20200317-2.jpg
こんな感じで、先ずは、公園の入り口まで行きます。
a20200317-3.jpg
この時期の公園の中は花盛りできれいです。
今回は、タケを何本か切って片づけました。
黄色く枯れている竹、かなり曲がって生えている竹から切り倒します。
公園入口から少しずつ戻りながら作業をしてきますが、合間に花や昆虫や等の観察をしています。
秋には、モミジがきれいなところまで戻ってきました。
ここの柵の中にササが大分生えてきました。
最初は、手の届くところまでということで始めましたが、結局、中に入って、きれいに刈り取りました。
階段を降り、途中から斜面林の中に入りました。
中に作った遊歩道の脇には、昨年の台風で落ちた枝がまだかなり残っていましたので、拾い集めて片付けました。
a20200317-10.jpg
更に、進んで次の階段近くには、いろいろなゴミが埋まっています。
少し土に埋もれたゴミを拾い集めました。
結構、沢山のゴミを回収することができました。
鉄条網も出てきました。
a20200317-15.jpg
作業が終わってから、森林の中の野草観察をしてから解散しました。
a20200317-16.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2月29日に西原ふれあい第三公園の手入れを行いました。
隣りの分譲地も大分工事が進んでいました。
どんな家が建つんだろうか?
この集合場所も日陰になってしまうんだろうか?
a20200229-3.jpg
集合場所にあるキヅタの実が沢山成っています。
そして、そのてっぺんには、オナガが何羽かいます。
オナガは、いつも集団でやってきます。
a20200229-4.jpg
この日は、拾いためて置いたゴミを分別する日です。
私を入れて、7人で作業を行いました。
a20200229-5.jpg
結構、不燃物も多いんです。
拾って回収したBB弾も結構あります。
a20200229-8.jpg
よく見ると、同じ銘柄のコーヒーの缶が多いですね。
同じ人物が、毎回捨てているようです。
a20200229-9.jpg
傘も、捨てるには燃えるごみの部分と金属部分があり、結構手間なんです。
だから、ポイ捨てなんでしょうか?
正面入り口わきの道路には、何も落ちていません。
風がお掃除をしてくれました。
a20200229-13.jpg
大分、いろいろな花が咲いています。
ヒイラギナンテンも黄色い花を咲かせています。
a20200229-12.jpg
オオアラセイトウのムラサキがきれいです。
a20200229-14.jpg
斜面の中に溜まっている落ち葉を掻き出す作業を行いました。
大変な量になりました。
女性陣も立派な戦力です。
あとで疲れが出てこない程度に頑張ってください!
適度な運動は、健康にもいいですね!
階段脇で、ミツマタがきれいな花を咲かせていました。
ピンボケで申し訳ありません。
a20200229-16.jpg
公園中央の広場のウメも満開です。
ここの椿は白です。
湧水の上の斜面には、タケがあります。
この日も何本か切って処分しました。
土留めにも役に立つ素材です。
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2月23日にいろは親水公園こもれびのこみちの手入れを行いました。
アオキの実がまだ真っ赤になっていませんでした。
a20200223-1.jpg
水路の脇のヒイラギナンテンがもう咲いていました。
敷島神社裏の道に続くマンション沿いにも沢山植えられています。
a20200223-2.jpg
公園入口の隅に溜まっていた落ち葉を全部片付けましたが、意外と沢山あり、落ち葉溜めもいっぱいになってしまいました。
a20200223-3.jpg
敷島神社裏の道の落ち葉は、もうありません。
ゴミ拾いと、落ちている枝を拾い集めて終わりとしました。
a20200223-4.jpg
集合場所のあずま屋に戻り、池の脇から水路沿いに進んでいったところで、コゲラがいました。
コツコツと音をたてて、木をつついていました。
比較的近い距離なのに逃げようとしません。
暫く、楽しませてもらいました。
観察を終えて、斜面林手入れを行うことにしましたが、春の花が目立つようになりました。
a20200223-7.jpg
残念なことに、ゴミも多く、困ったものです。
a20200223-8.jpg
手入れが遅れている斜面の手入れを行いました。
この場所は、大分明るくなりました。
地面にも温かい日差しがあたり、野草も生えてくるでしょう。
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公園入口をいつもと違った角度で写真を撮りました。
公園横の道にはゴミも落ち葉もありません。とてもきれいです。
入り口から中に入ると竹が背高く伸びています。
この竹を少し切りました。
公園入口からの遊歩道脇の斜面に沢山落ち葉が積もっています。
この落ち葉をそのままにしておくと野草が生えてきません。
大きな木の葉が落ちてしまっている冬の間は、太陽が地面に届きます。
この状態の時に、冬から春の野草が芽を出してくれます。
他の作業もある事から、ある程度の部分だけで終わりにしました。
a20200209-4.jpg
まだまだロウバイがきれいです。
梅も満開です。
a20200209-7.jpg
もう一か所の入り口からのスロープの周辺の手入れを行いました。
シダレザクラは、今年はどうかな?
湧水の上の斜面の遊歩道脇を竹使った少し低めの柵を作りました。
以前のイベントで使った杭を再利用しました。
a20200209-10.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
柳瀬川の浚渫工事の為にかなり大きな重機が河川敷に止まっていました。
もうしばらく工事がかかります。
a20200208-1.jpg
河川敷は、幕が張られていて、進入禁止となっているため、土手の法面を中心にゴミ拾いを行いました。ゴミ拾いは、志木中学校裏側から、上流側と下流側に分かれて行っています。
私は、いつも上流側を行っているので、ゴミ拾いの写真は、上流側が中心となります。
ゴミ拾いが終わり、集めたゴミを分別整理します。
法面が中心だったため、ゴミの量はかなり少ないです。
川には、冬の水鳥が来ています。
コガモとヒドリガモです。
河川敷には、ツグミがいました。
面白いですね。普通は、燃料がなくなるとガソリンスタンドに行って、燃料を入れるんですが、こんなに大きい重機の燃料補給には、重機のところまでタンクローリーが入れに来るんですね!
a20200208-9.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
柳瀬川駅サミット前円形広場に集合した後、柳瀬川に出て、野鳥の観察を始めました。
a20200202-1.jpg
前日に志木生きもの図鑑が出来上がりましたので、希望者に700円で教材として販売しました。
この図鑑は、イベントに参加した人だけに700円で販売しています。
a20200202-5.jpg
対岸のコサギやコガモなどを見て、東上線を潜って、土手から観察を行いました。
a20200202-kosagi.jpg
コガモが泳いでいるところが、河川敷のヨシの合間からみることができました。
大分、ヨシの陰にもいるようです。
富士見橋から下流は、浚渫工事中になっています。この日の作業は休みの為、この辺りでも鳥を見ることができました。
特に小さい鳥が、工事中の河川敷を歩いていました。
イカルチドリやイソシギ、ハクセキレイなどは、よく見ていると見えてきます。
ツグミも独特の歩き方で、河川敷を歩いています。
a20200202-tugumi.jpg
参加した皆さんも、一生懸命鳥を探してみていました。
a20200202-4.jpg
ダイサギとコサギ、そしてアオサギも見ることができました。
オオバンが大分来るようになり、群れを成して泳いでいます。
時々、潜って餌をとっていました。
a20200202-ooban.jpg
オナガも途中で見ることができ、いつもの主役は見ることができ、楽しい観察会になりました。
a20200202-onagagamo.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2月1日に川の国応援団の集まりである川の再生交流会がさいたま市民会館うらわで行われました。
午前中は、第1部全大会ということで、基調講演や活動発表がありました。
a20200201-1.jpg
続いて第2部ポスターセッションがあり、1Fに38団体の発表があり、エコシティ志木として日頃の活動の様子を写真パネルにして発表させてもらいました。
ポスターの発表場所の片隅に水槽もあり、ムサシトミヨが元気に泳いでいました。
a20200201-5.jpg
昼食後は、第3部として分科会がありました。今年は、6つの分科会がありました。
a20200201-4.jpg
今年の印象としては、若い人が多く、これからの環境への取り組みにも少し期待できるような気がしました。特にマイクロプラスチックが社会問題化してきて、学生の関心も高くなってきたように感じます。
当会にも、若い人の参加を期待したいと思います。
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1月26日。朝まで雨が降っていて、まだどんよりしている天気の中での作業となりました。
このこもれびのこみちの脇に水路があります。基本的には、池の水を循環して使っていますが、ところどころ斜面からの湧水も流れています。
a20200126-1.jpg
途中、水路は入口に向かって、遊歩道の左から右になります。
その水路に板を渡して歩けるようになっています。
まあ、これも橋ですね。
この小径では、コケやシダを多く見ることができます。
いい小径だと思います。
公園入口から入ると大きな石があります。
石の上のもコケがビッシリはっています。
ミクロの世界をのぞいてみましょう。
ハクモクレンの蕾がかなり膨らんできました。
楽しみです。
田子山富士の裏の道の落ち葉はなくなり赤土の道になりました。
a20200126-7.jpg
マンションの裏には、まだ落ち葉が沢山たまっています。
今回は、この落ち葉を片づけました、
a20200126-8.jpg
いつもと違って、雨水を吸い込んだ落ち葉は、かなり重くなってしまいました。
土留めとして作ったところに、落ち葉を溜め込んでいきます。
あずま屋の前の池には、カルガモが来ていました。
a20200126-11.jpg
急に、カワセミがやってきて、池を見ていましたが、直ぐに土手を超えて、新河岸川に去っていきました。急いで写真を撮りましたが、ズームのピントを合わせる間もなく、ピンボケ写真となりました。この写真だと、通信の自然インフォメーションには載せられないな。
a20200126-12.jpg
土手の脇の斜面林の手入れは、時間の関係と雨で濡れた状態なので、中に入るのをやめました。
大きな異常がないかを見ながら、投げ捨てられたごみを拾って回りました。
こんなところに捨てないでください!!!
a20200126-15.jpg
斜面林とは別に新河岸川の河川敷を見ると、台風で増水したときのゴミが歩いているだけでも沢山見える状態でした。下に降りて拾うことにしました。
どうやら台風の後の状態のままですね。
a20200126-16.jpg
大量のゴミです。こんなゴミが、再びここを離れ、東京湾に運ばれるとなると、今問題のマイクロプラスチックになってしまいます。
見えてるものは、全部拾いました。
これで、この日の作業は、終わりました。(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1月25日に西原ふれあい第三公園の手入れを行いました。
公園の入り口を入るとちょっとしたスペースがあります。正面の林の部分を仕切るために石が積んでありますが、その中にかなりササが生えてしまいました。全員で、ササを根元から刈り取りスッキリととさせました。人数がある程度いると早いです。
こんな作業をしながらも、公園の中の自然の変化を観察して楽しんでいます。
a20200125-3.jpg
この小さな写真では、何が何だか分かりませんが、クリックして大きな画像で見るとロウバイがきれいに咲いているのが分かってただけるかと思います。
満開です。いい匂いも漂っています。
a20200125-4.jpg
中央広場の縁に溜めておいた落ち葉も少しずつ片付け、やっと平らな状態になってきました。
もう一つの高台側の入り口から入ったところの石囲いの中に生えているススキの刈り込みが不十分な為、根元まできれいに刈りこみました。ここのススキの株は、かなり大きく秋には、きれいな花穂を楽しませてくれています。
ここのシダレザクラですが、とても見事だったんです。
数年前に、業者がかなり刈り込んでしまってからは、寂しくパラパラ咲くだけのつまらないものになってしまいました。桜の刈り込みは、注意してやってくれないと困りますね。
楽しみの一つが減ってしまったままです。
ともあれ、この中に生えているセイタカアワダチソウやササなども刈り取り、サクラの根本周辺をきれいにしてやりました。
ここのセイタカアワダチソウは、大分低いものになりました。セイヒクアワダチソウなどと言いながら、引っこ抜きを完了しました。セイタカアワダチソウは、同じところで何年も生えていると低くなってしまい、勢いも弱まります。良かったです。
最後は、斜面の中に入り、我々が整備してきた遊歩道周辺のササや不要な幼木を刈り取りスッキリとさせました。
a20200125-9.jpg
本日の作業は、終了です。
(青木明雄)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今年初めての生きもの調査・観察を1月19日に行いました。
いつものように、柳瀬川駅東口ロータリーに9時30分に集合しました。暖冬の為、いつもと違う様子が見られるかもしれないといった感じで、始めました。
道端のブロックとの隙間の僅かな土にも野草というか雑草が生えています。
街路樹の根元には、近所の方が植えた園芸種の植物も生えています。
まとまった緑地となっている柏ふれあいの森の中い入って観察をします。
ここは、東上線で分断されてしまっていますが、西原ふれあい第三公園と繋がっていた武蔵野台地の縁の斜面林です。雑木林になっています。
困ったものです。森の中にはいろいろなゴミが捨てられていました。
キボシアシナガバチの巣の様です。
a20190119-6.jpg
時間の関係もあり、途中の観察を省き、館の氷川神社に行きました。
a20190119-7.jpg
皆がのぞき込んでいるのは、切り株に生えたウチワタケです。
この木にはアラゲキクラゲも生えていました。
暖冬のせいか、くちなしの実は、少ししぼれた感じになっていました。
a20190119-10.jpg
もうホトケノザがきれいに咲いていました。
陽があっていて、暖かそうです。
a20190119-11.jpg
次は、かしわ公園に行きましたが、ここは、数年前に手入れをして、植物が大分減りました。
密集していたササもなくなり赤土の広場となりました。
生きもの調査としては、トイレのある休憩所として利用する場所になっています。
生き物観察という意味では、面白みがあまりありません。
a20190119-12.jpg
次が宝幢寺です。
ここには、市内でも珍しいムクロジの木があります。昔は、羽子板の翅の玉として使われていました。
ヒマラヤスギも立派です。
葉っぱに文字を書いて使ったと言われるタラヨウの木も珍しいですね。
a20190119-15.jpg
梅の花は、もう少しですね。
2月に入ったら見に行ってきます。
a20190119-16.jpg
a20190119-17.jpg
今回予定では、けいおうふれあいの森を予定していましたが、時間切れでここまでとしました。
時間が短く、物足りないといった感じも出てきていますので、来年度は少し考えてみたいと思います。
(青木 明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ