FC2ブログ
活動報告など日々のニュースを綴ります。ご自由にコメントをお寄せください

日々河童のつづら

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
予定では、別の場所の調査を行う予定でしたが、日陰がないところなので、変更しました。
今回は、3次メッシュコード「53396425」のところで、竹間沢こぶしの里周辺にしました。
竹間神社前にある和蔵院の駐車場をお借りして、調査を始めました。
a20180730-1.jpg
この辺りには、畑が広く残っています。
a20180730-2.jpg 
本当は、三芳町歴史民俗資料館の駐車場に停めたかったんですが、月曜日は休館のため、だめでした。
a20180730-3.jpg
近くの畑や空き地の植物を調査していきました。
この作業のいいところは、外来種だけではなく、見つけた植物についていろいろと観察できるところです。
とにかく、調査をするという課題をこなすだけであれば一人でやれば済む作業かもしれませんが、こうやってみんなでやる事がとても大事なことだと思います。
スモモの木の下に、カブトムシが沢山いました。
落ちたスモモが、ジュクジュクになってしまったものに頭を突っ込んでいるのです。
数十匹はいたかと思います。
a20180730-4.jpg a20180730-5.jpg
竹間沢こぶしの里の上までやってきました。
上の遊歩道入り口から入っていきました。
a20180730-6.jpg a20180730-7.jpg
この斜面林の中には、外来種はあまりありません。
a20180730-8.jpg a20180730-9.jpg
ここには、ホタルがいて、毎年鑑賞会が行われています。
a20180730-10.jpg
池の水は、この斜面から湧き出る湧水で、かなりの量があります。
a20180730-11.jpg a20180730-12.jpg
キツネノカミソリが、咲いていました。
見ると、咲き始めのようで、あちこちにツボミの状態のものがありました。
a20180730-13.jpg 
更に先に進み、再度崖の上の出口に出ました。
a20180730-14.jpg a20180730-15.jpg a20180730-16.jpg 
このこぶしの里の上には、鎌倉街道がありました。
この道は、羽根倉橋へと通じています。
再度、斜面理の中に入っていきます。
こぶしの里の遊水は、がけ下を流れて、柳瀬川へと流れて行きます。
がけ下に沿って、湧水が流れており、水路沿いに調査していきました。
崖の部分は、ほとんど私有地となっているので、かなり先の道まで出ないと、崖上には行けません
a20180730-20.jpg a20180730-21.jpg a20180730-22.jpg
木陰がなくなると、かなり暑かった。駐車場に戻り、本日の調査を終わりました。
a20180730-23.jpg
(青木 明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月23日(月)に、外来生き物調査を行いました。
今回は、富士見市の新河岸川右岸です。
富士見市の健康増進センター近くの富士見江川の土手から調査を始めました。
この土手に沿って下流に向かいました。
a20180723-1.jpg
少し行ったところに橋があり、右岸に渡りました。
この富士見江川は、以前はかなり蛇行していたのと、もう少し右岸の先のところを流れていました。
また、この先の新河岸川は、この橋の辺りまで、蛇行をしていました。
ここに鶉河岸場跡があります。当時の水神碑が残っていました。
a20180723-2.jpg a20180723-3.jpg
更に行くと、旧富士見江川の水路と思われる水路があります。
水がほとんどなくなってしまっていますが、ヨシの下にわずかに水の流れが確認できました。
a20180723-4.jpg 
元の道を戻り、再び富士見江川の橋を渡り、上流側を見ると、かなり段差があるのが分かります。
これだと、魚は登れませんね。
a20180723-5.jpg
富士見江川の土手を、新河岸川合流点まで行くと、やっと木陰がありました。
小さな広場になっていました。
木を見ていると、カブトムシを見つけました。
a20180723-6.jpg a20180723-7.jpg 
新河岸川合流点付近からの下流の眺めです。
a20180723-8.jpg
更に歩いて土手から下りて、富士見バイパス沿いの道路を歩きます。
ハリエンジュ(ニセアカシヤ)が富士見バイパス沿いに、沢山生えています。
自然に生えたとは考えにくく、植えたように思います。
a20180723-9.jpg a20180723-21.jpg
この先は、木陰がありません。
熱中症予防のため、こまめに水分補給しながらゆっくり調査を進めます。
a20180723-11.jpg a20180723-12.jpg a20180723-13.jpg
養蜂のミツバチ箱が沢山置かれています。
とても暑く、ミツバチも沢山水を飲みに来ていました。
画像をクリックすると大きくなります。
トウキョウダルマガエルが2匹いました。
a20180723-16.jpg
やっと健康増進センターに戻ってきました。
帰りの車での外気温は、40度になっていました。
この日、熊谷では41度を超える気温を記録していました。
a20180723-19.jpg a20180723-20.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
毎年、夏祭りの時には、ここのあずま屋で、夜を過ごす屋台の業者さんがいます。
この日も、5~6人ほど横になっていました。
この人たちとは思いませんが、床板が2~3枚はがされていて危険な状態でした。
酔っぱらった勢いで誰かがやったんでしょうか?
困ったものです。
このあずま屋横のクヌギの木にキタテハが来ていました。
a20180722-1.jpg
この日は、暑いので日陰での作業にしました。
こみちに突き出てきたササの刈り取りや草刈りをしました。
a20180722-2.jpg a20180722-3.jpg 
こもれびのこみちの上を見上げてみました。
a20180722-4.jpg 
神社裏からの斜面には、ヤブミョウガが沢山咲いていました。
a20180722-5.jpg
タマムシの死骸がありました。
羽根はきれいに残っています。
a20180722-6.jpg
とても大きいオニヤンマを発見。
手で捕まえようとしましたが、残念、逃げられました。
a20180722-7.jpg 
草陰に、キツネノカミソリが咲いていました。
a20180722-8.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもの通り公園入口でゴミ拾いから始めました。
沢山のイラガを発見しました。今作成中のいきもの図鑑で調べてみると、ヒメクロイラガのようです。この棘が刺さるととても痛いそうです。手の届くところのものは、叩き落として駆除しましたが、手の届かない高さの所には、まだまだたくさんいるので、当分注意が必要です。
木の下を見ると、このイラガの糞が沢山落ちていました。
a20180721-1.jpg a20180721-2.jpg 
この日は、とても暑いので日陰での作業にしました。
アジサイの花も終わっていましたので、風邪通しもよさそうなところで剪定作業をしました。
熱中症対策は、こまめな水分補給を行うことです。そして、適度な休憩です。
こんなことに注意しながらの作業にしています。
a20180721-3.jpg
入り口付近の作業を切り上げて、中央広場の清掃を行いながら、湧水のあるところに下りました。
ハンゲショウとヤブミョウガの花が咲いていました。
a20180721-4.jpg a20180721-5.jpg 
水路に沿って草刈りや伸びてきた木の枝の選定を行いました。
a20180721-6.jpg
ここには、カラスウリがあります。
見ると咲き終わった花がいくつもありました。
花は、夜咲いて、朝にはもう終わっていますので、別途23日夜に行ってみてきました。
とてもきれいに咲いていました。
a20180721-7.jpg a20180721-8.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今年の参加者は20組でした。保護者を含めて40名程度でした。
連日、暑い日が続いていて、この写真を見ても暑さが伝わるのではないでしょうか?
a20180716-1.jpg 
先ずは、魚捕りです。
下流側に向かっていきながら、魚を捕っていきますが、いつもより水位が下がっていることもあり、皆さんあまり捕れませんでした。
それでも、川の中に入って歩いているだけでも、暑さを忘れ楽しそうです。
a20180716-2.jpg
魚取りの後は、川での虫捕りを行いました。
捕った魚は、水槽に入れて、みんなで観察しました。
a20180716-3.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日も柳瀬川でのイベントです。
柳瀬川水族館を行いました。
幟を立てようとしたら、どこからか飛んできた虫がいました。
桜の木にとまったので、ポールを伸ばして何とか落としてみるとカブトムシのメスでした。今日もカブトムシからスタートです。
a20180715-1.jpg 
川には、昨日と同じ場所にアオサギがいました。
昨日は、大きな魚を捕まえて食べるところを見ました。
今日も、魚を食べるシーンを見た人がいます。
川の中に入ると、対岸の護岸ブロックなどに一時退避し、川から上がってくると、また同じ場所に戻ってきます。
a20180715-2.jpg
今日の川の水は、少し少なめです。
今日、初めて川に入って魚捕りの練習をしてくれた会員の庭野さんです。今月の柳瀬川であそぼうのスタッフとしての活躍を期待しています。
a20180715-5.jpg a20180715-6.jpg
前回来てくれた魚好きの少年が、今日も準備の時から来てくれました。水槽が片付けられるまで楽しんでいてくれました。
また来てね!
a20180715-8.jpg
今日は、少し種類が少なったです。
a20180715-7.jpg
スジエビとウキゴリです。
a20180715-9.jpg
珍しく、大きなスッポンが取れました。
a20180715-10.jpg
前日、見つけた河川敷の卵ですが、2つ減っていて、1つになっていました。
a20180715-11.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は、柳瀬川の外来植物駆除と美化活動の日です。
天気予報では、35度を超えるようです。
中学校前の土手にエコシティ志木の幟旗を立てました。
足もとを見るとなんとカブトムシがいました。
どうも誰かが捨てたのではないかと思います。
a20180714-6.jpga20180714-1.jpg 
この桜の木をよく見るとセミの抜け殻がありました。
a20180714-5.jpg
今回は、先日志木中学校の生徒が行ったオオブタクサの抜き取りを行った先の部分で行いました。
この辺りの土手には、まだ大きくなっていませんが沢山のオオブタクサが生えています。
a20180714-2.jpg a20180714-3.jpg
外来植物駆除は、10時半までで終了し、一旦、志木中学校前に戻りました。
この後は、美化活動です。
この美化活動は、海と日本プロジェクトの関係で、テレ玉が取材にきます。
エコシティ志木も推進パートナーとなり、ロゴも使用させてもらっています。
a20180714-9.jpg
東京での取材の後こちらにきますが、大分渋滞していて、到着が遅れ、開始が遅くなりました。
その間、柳瀬川の様子を観察していたところ、川の中にいた、アオサギが大きな魚を捕まえ飲み込んでいました。写真を撮れなくて残念。
a20180714-4.jpg   a20180714-7.jpg 
やがて、テレ玉の取材陣が到着し、作業を開始しました。
取材陣は、6人で、猛暑の中大変だったと思います。
我々の作業は、いつも通り、2グループに分かれて行いました。
a20180714-8.jpg
作業が終わった後、全員揃って集合写真を撮ったり、インタビューがあり、取材が終わりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月9日(月)に2回目のクビアカツヤカミキリの調査を行いました。場所はいろは親水公園です。
最初に村山快哉堂のところを確認し、そのあと左岸から調査を始めました。
さくらのこみちの横の江戸時代の堤防にも桜の木があり、先ずは、ここの桜を確認しながら富士下橋左岸まで行きました。
a20180709-1.jpg 
ここから、折り返してさくらのこみちの両側の桜を確認しました。
親水公園の駐車場あたりからまた折り返して、川岸に近い旧堤防の桜を調査していきました。
桜の木には、結構、アリの巣がありますが、クビアカツヤカミキリらしきものはありません。
富士下橋を潜って、用水路のところまで調査して、左岸の桜は終わりです。
ここからは、折り返して、平成の堤防に登り富士下橋まで戻ってきました。
a20180709-6.jpg 
カヤネズミ原っぱの様子を見ながら戻ります。
ここには、まだ沢山のオオブタクサがあります。
なんとか少しずつでも抜いていきたい。
a20180709-7.jpg 
この木の手前のオオブタクサは、きれいになくなりました。
抜き取った後です。
a20180709-8.jpg 
今度は、富士下橋を渡り右岸の桜を調査します。
橋の上から見ると川の両側に桜が植えられているのが良く分かります。
右岸にも、相和の堤防のところに桜が植えられています。
昭和の堤防のところに更に、平成の堤防が盛られて作られている様子も良く分かりますね。
a20180709-9.jpg a20180709-10.jpg
右岸の桜の調査のためには、現在の土手から草藪をかき分けて桜の木まで下りていく必要があります。この辺りは、県の草刈りだけしか手入れを行わないため、アレチウリが桜に覆いかぶさってきます。
a20180709-11.jpg a20180709-12.jpg
新河岸川の土手の調査の後に、こもれびのこみちの桜を調査して終了しました。
クビアカツヤカミキリの被害はありませんでした。
a20180709-13.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前日まで雨がつついていましたが、何とか雨が止み、カヤネズミ原っぱでの作業ができました。
今回は、前回と同じ場所で行うことにしました。
理由としては、まだオオブタクサが残っていること。他のところを作業すると、濡れた草でびしょびしょになってしまう。ということです。
この作業している場所は、オオブタクサがビッシリ生えていたところですが、大分抜き取られて広いスペースとなりました。
a20180707-1.jpg
抜き取って進んできたところから、入ってきたところを見た画像です。
大きなオオブタクサが抜き取られ、大分スッキリしました。
a20180707-2.jpg 
時間がたつにつれ、気温が上がってきました。
ある程度作業したら、水分補給と休憩を行っています。
この場所には、木があるので、休憩も楽です。
a20180707-3.jpg
今回、ここを私が行いましたが、手前の所からオオブタクサがビッシリ生えていました。
オギやヨシを残しオオブタクサだけを抜き取っていきました。
左側の背の高いのはオオブタクサです。
次の木のところまで抜き取ることができました。
a20180707-4.jpg
ここも、相当きれいに抜き取りが終わり、大分広くなりました。
a20180707-5.jpg a20180707-6.jpg 
エコシティの会員ではありませんが、前回に続き頑張ってくれました。
a20180707-7.jpg 
時間とともに、かなりのオオブタクサの抜き取りが進み、更に広い空間ができました。
ここに、オギやヨシが生えてくれるのを楽しみにしています。
ここは、これからもエコシティ志木で頑張って環境保全をしていきたいと思います。
エコシティ志木の大事な事業だと考えています。皆様の参加をお願いします。
a20180707-8.jpg
皆さんお疲れさまでした。
a20180707-9.jpg
(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近、埼玉県内でも見つかっているクビアカツヤカミキリの調査を行いました。
この調査は、柳瀬川の桜と親水公園の桜の2回に分けて行うことにしました。
この日は、柳瀬川の桜を行いました。
志木中学校前に集合して、先ず高橋までの桜を調査します。
a20180702-1.jpg a20180702-2.jpg
桜の木を1本1本見ていき、桜の木の下にフラス(糞と木くずの混ざったもの)が落ちていないか?桜の木の幹にカミキリムシがでてきたような穴はないか?などとみていきます。
a20180702-3.jpg 
先日の志木中学校のオオブタクサ抜き取りでは、河童像までしか行わなかったので、その下流にはまだオオブタクサが残っています。
a20180702-4.jpg 
高橋まで調査して、ここから志木中学校まで戻ります。
a20180702-5.jpg a20180702-6.jpg 
こんな風景はいいですね。
それにしても、今日も30度を超えてとても暑いです。
a20180702-7.jpg
志木中学校前までは、桜の本数を確認し、戻った後富士見橋に向かって調査をしていきます。
a20180702-8.jpg a20180702-9.jpg 
富士見橋を超え、東武東上線の鉄橋を潜り、志木大橋に向けて調査をしていきます。
a20180702-10.jpg a20180702-11.jpg 
a20180702-12.jpg
志木大橋から先の樋管のところまでが、志木市の為、そこまでは全て見ていくことにしました。
a20180702-13.jpg a20180702-14.jpg
東武東上線の鉄橋までは、戻りながら、土手脇を走る道路の街路樹の桜を調査していきました。
この街路樹の桜は、土手の桜よりも育ちが良くなく、そこし幹も細い。
東武東上線の鉄橋まで戻ったところで、終了しました。
桜の木が、クビアカツヤカミキリに入られると、枯れてしまうこともあるようです。
この調査では、害にあっている桜は見つかりませんでした。(青木明雄)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内の検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンタ [ since: 2009.05.11 ]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

ウキゴリくん

ウキゴリくん
 @埼玉県志木市
水にかかわる自然や文化が大好物です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ